最大吉方位が一番良いとは限らない

九星気学・方位学の方位の効果・影響

今回のお話は「九星気学・方位学の最大吉方位」についてです。

方位を気にし始めると、「一番良い方位はどこですか?」とか、「一番吉方位の効果・影響が強くなるのはいつですか?」という質問が出てきます。

こういったご質問やご相談はありがちなのですが、「一番」をお勧めすることは稀です。

ケースによりますが、もっとも吉方位の影響が強いことが、相談者にとって最善とは限らないからです。

方位にもいろいろとあるように、相談者にもいろんな気持ちや状況・都合があります。

このため一番方位の影響が強いというのが一番とは限らないのです。

というお話をすると「運気が良くなれば良いのではないの?」っていう疑問が出てきます。

吉方位で運気が上がれば良いわけでも無い

好きな人がいて、現状をハッキリさせたいと思って吉方位旅行にいったら別れちゃったというのがあります。(参考:「吉方位旅行をしたのに、なぜ別れてしまったの?」

私も基本的には「運気が上がれば良い」って思いますが、こういうのはしんどいです。

また、それまでに運気が下がっていた人、実際にいろいろときつい状態にある人にこそ運気アップは必要ですが、反動でしんどくなることもあります。(参考:「吉方位取りの効果、旅行前後に体調を崩すのは毒だし・好転反応?」

いま、吉方位に行くことが効果的なのかどうかの見極めをしておきたいです。

また、方位から受ける運気の影響は、移動で簡単に上下します。

移動とは、引っ越しはもちろん、旅行、帰省、出張など全部を含みます。

移動する度に運気が上がったり下がったりしている事が分かります。

運気が下がるときは現実も微妙な感じ

運気が下がるということは、物事が順調に進みにくく、なんとなく閉塞感を感じる状況です。

感覚で行動している人の場合、開運期にならないとなかなか状況が変わるきっかけが舞い込んで来ないので厄介です。

この開運期は移動が多い人ほど分かりやすいです。

過去の移動・動きを見てみると、本当にうまく吉と凶を取ってます。

そして、人生の浮き沈みもそれに連動していることが多いです。

運気が下がる時は行動を起こす前に、既にうまくいきにくい流れに乗っている

行動を起こす前に運気が下がる決断(選択)をしやすくなっているので、対処としては意識的に運気を上げる選択肢を増やすようにします。

そのためには最大吉方位よりも、範囲の広い吉方位になる時期と方位をお伝えします。

多少の事情は考慮するにしても、最初はこのパターンが多いです。

吉方位に行き始めたら、次は必要に応じて運気を上げていくのが、次のステージになります。

吉方位に意識的に行くようになって、吉運が積み重なってきたら、余裕が生まれやすい状況になっていくので、やりたいことをやりやすくなってきます。

結果的に最大吉方位にはこだわりませんし、必要ないです。

吉方位よりも自分に必要な運気とは

方位の影響が強くなる時期に同会月があります。(参考:「九星気学の同会月は吉方位の影響が強くなる?」)

同会月は方位の影響が普段以上に強くなるとみます。

その同会月の時に六白金星の方位が吉方位になるようにお勧めする占い師は、そんなにいないと思います。

私もケースによりますが、通常はお勧めしません。(参考:「吉方位旅行や引っ越しで北西、六白金星の効果は?これは毒出し?行くなら覚悟する」

ただ、「方位の影響が本当にあるのか~?」って思っている人や、「凶方位で修業をしたい」って思ってるような人がいるなら、同会月の六白金星の吉方位は最適です。

この六白金星は努力と実力を求める方位だからです。

北西方位は足りないものを一度に送り込んでくる

北西方位(六白金星)は必要な物・事柄をまとめて引き起こす傾向にあるため、それを乗り越えていければ何段階もレベルアップします。

しかし、その運気の波に飲み込まれたら、立ち直れないかもしれませんし、その勢いをスルーしてしまったら、何の変化もありません。

方位の影響を試したいなら、同会月の六白金星の吉方位は検証の余地があります。

しかし、しんどいので普通はお勧めしません。

運気を上げれば良いわけで無く、強ければ良いわけでも無い

吉方位の六白金星をお勧めするパターンは、超やる気があって、どんな苦難でも乗り越える意気込みがあり、チャンスを猛烈に欲し、果敢にチャレンジしようとしている人に限定しています。

それぐらいきついと想定しているわけです。

経営者の方などにはぴったりですが、それでもこの時期よりは別の時期をお勧めします。

なんでも良ければ良いっていうものでは無いです。

もちろん生き方や運命・資質も考慮します。

吉方位の一例はこんな感じ

私は七赤金星なので、吉方位は一白水星、二黒土星、六白金星、八白土星となります。

私は商売をしていますので、六白金星は高めたい運気です。

ただし、私が更に飛躍するために、何かのチャンスを作り出そうとする場合は六白金星ではなく八白土星をとります。

一方で、気付かない何かを導き出しチャンスにしていきたい場合は一白水星を取りますし、お客様を大事にしてチャンスを広げたい場合は二黒土星を取ります。

更にいえば、私の持っている性質的なこともあります。

私としては六白金星や八白土星の影響を受ける方が性に合ってます。

自分が活用しやすい運気を手に入れるのも一つ

私の場合は動きの少ない一白水星や二黒土星はあまり得意ではないです(七赤金星の人が全員そうだということではありません)。

お話したいことは、吉方位だったらなんでも良い場合もあればそうで無い場合もある、最大吉方位が良いこともあればそうじゃないこともあり、その人の事情や性質によって異なるということです。

仮に一白水星が最大吉方位だったとしても、その性質を存分に活用しなかったら力半分になってしまいます。

運気を「上げる」のは最初のステップですが、本当は活用してナンボです。

基本的にどんな吉方位であっても良いのですが、単純に最大だったらもっとも良いでしょっという感じにはならないのでお気を付けください。

もっとも良いのは、その人が上手に方位の影響を受け、活用出来て、想いを形にしていけることですので。

4
タイトルとURLをコピーしました