暗闇を怖くしているのは自分自身?

世間話

↑の写真は高尾山の蛇滝ルートからケーブルカーの所にあがりきった辺りの風景です。金曜日の雪が土曜日にも残っていました。

一昨日は満月でした。

満月のお話をまだ更新してない・・・。

一昨日はいつもより遅くに高尾山に登ったので、下りの時には既にこんな感じ↓

お月さんは満月に近かったので、お月さんが見える方はこんな感じでした↓

下りの時間は18時過ぎでしたが、ケーブルカーは17時30分がラストで人ももういない↓

この画像の時間となる17時30分頃は丁度蛇滝ルートからあがってきたばかりで一休憩していました。

そうしたら「あぁ!後10分早かったら間に合った・・・orz」と家族連れが叫んでました。

この後は薬王院まで登り、参拝後の様子がこれ↓

真ん中の空の辺りに見えているのが満月です。

出発が遅かったので暗くなるだろうと予測し、高出力の懐中電灯を持って行ってました。

リフトやケーブルカーよりも下のルートになるとライトアップされないので真っ暗になります。

家族は「暗いのが怖いな~」って言ってました。

前は私も怖かったというか押し寄せる感じがしていましたが、今回はほぼ何も感じていませんでした。

真っ暗でも全く問題ありません。

薬王院さんはなおさら問題ありません。

どうしてそう感じるようになったのかは分かりませんが、光の有無・人が居ても居なくても気にならない感じです。

暗さに慣れたのかも知れませんが、「怖さ」を感じなくなっています。

「怖さ」よりもその「静けさ」に惹かれる感じです。

雰囲気を自分の中で作らなくなったのかもしれません。

暗い事・人が居ない事に怖さを感じる・・・みたいな感覚を作らないイメージです。

歩いていて「あぁ、今日の夜は満月だから何かあるかな?」と思ったりもしましたが、お月さんがまぶしかったぐらいです(笑)

18時には薬王院で鐘が鳴り、「おお~、久々に聞いた!」って感動してました。

薬王院にあがる前は、裏高尾町にある千代田稲荷神社さんにもいつも通り寄ってきました。

2月24日で一年になりました。

意外と続いてました(笑)「今日で千代田稲荷神社さんとのご縁が1年になりました(参拝40回目)

いつも読んでくださってありがとうございます♪

2

コメント

タイトルとURLをコピーしました