日盤大凶方位で避けたい行動とは

お勧め

温泉はその土地の力がわき出ているので、その力をたくさん吸収できる場所です。

だから、吉方位の日に温泉に行って運気を吸収するというのが、日盤吉方位の運気アップです。

大凶方位の時に温泉に行くとどうなるでしょうか?

結論から言いますと、ものすごく大変な事になるわけではありませんが、快適じゃないことが目立つ感じです。(思い込み?かもしれませんが)

私自身、温泉に行くときに方位を気にすることがあります

いつも温泉に行く場合に方位を気にしているわけではありませんが、ふと気になった時は方位を確認しています。

温泉はその方位の力を大きく吸収させてくれる場所なので、大凶方位だった場合はその影響をふんだんに吸収できます。

あまり良い気分ではありません(笑)

知らなければ問題がないことも、知っている事で問題になることもあります。

温泉に限りませんが、誰もが普通に大凶方位の温泉もあれば、大凶方位のパワースポットも行ってるはずです。

いろいろとあったかもしれませんが今日まで生活してきました。

これこそが現実です。

ということは、普段はあまり気にしない方が良いことも分かってきます。

日盤を普段は気にしない

温泉でも何でも普段は占いを気にしなくて良いです。

「嫌なことが起きても?」と思う人もいるかもしれませんが、嫌なことが起きない人生はありませんので、「避けようとしすぎない方が上手くいく」と思った方がメリットが多いです。

お客様には「占いと人生」を選ぶなら、当然「人生」を選んだほうが良いとお話しています。

好きな人と初めてデート出来る!っていうチャンスの時に、「その方位は大凶だから行かない」という考え方自体が大凶です。

きっかけをつかみ、且つ、大凶方位の影響も最小限にするなり、受けないようにすることこそが、占いを活用する価値です。

日盤の大凶方位で「必ず」問題が起きるわけではない

日盤の大凶方位では嫌な想いをすることがありますが、それは「意識をしているから」というのもあります。

日盤の大凶方位は運勢の上下と同じように、この日のこの方位は問題が起きやすいことを暗示しています。

しかし、問題が「必ず起きる」ということではありません。

大凶方位が2つも3つも重なる方位の場合は、より高い確率で問題が起きやすいことの暗示です。

しかし、それでも「必ず問題が起きる」ということではないのです。

身のまわりを見て、問題が起きやすい状況にあるかどうか

大凶方位を選択しやすい時は、日常のしんどさが重なっています。

問題が起きやすい状況の時に、問題が起きる選択してしまっている感じです。

占いを細かく見ていくと、意外に現実とリンクしていることが分かります。

現実が充実していたり穏やかでありさえすれば、大凶方位を選択したとしても大した問題になりにくく、問題が起きにくい状況を作り出せるということです。(参考:「占いの「悪い」を現実化させないために、タイミングをずらす」

占いを受ける時は、絶対に正しい選択に魅力を感じ望む傾向にあるので、大凶方位が怖くなり吉方位ばかりを探します。

でも、現実はゼロか100かはほとんど無く、良くて良い事が70、悪い事が30、まあまあで良い事が60、悪い事が40、占いに相談する状況は大体微差の良い事45、悪い事55でどうしよう、という状況です。

つまり、良くも悪くも現状次第で変わるということです。

現実重視なら日盤大凶方位を気にしすぎなくて良い

現実が大事な人(私も同じ)は占いよりも現実を優先します。

それでも大凶方位を気にした方が良いかどうかです。

基本は気にしなくて良いですし、そのようにお伝えしていますが、意識に残るイベントで方位が気になった時は方位を気にします。

目安は「気になるかどうか」であり、普段は方位を気にしていないことです。

普段から方位を気にしている人は、何でもかんでも気にしてしまう傾向があるため、まずは「気にしない」ところから始めないと難しいです。

なんでもかんでも方位を気にしてしまうと、方位を基準に物事を判断しやすくなります。

こうなってしまうと「方位が悪いから」とか、「方位が良いから」とかで、占いを基準を重視して選択をし始めます。

占い師から見てあまり良い状況にはありません。

文字にして読むと「これは良い状況ではない」と言うことに気がつくかも知れません。

自分の行動を縛りすぎる目安は思考が停止しやすく危ういです。

とにかく行く!という前提条件を付けた方が上手くいく

とにかく行く!と決めた時、「この行動は避けた方が良い」があります。

・大凶方位と分かった
・気持ちが乗らない
・選択の自由がある

この3つが重なる場合です。

この3つが重なると問題が起こりやすくなります。

占いで大事なポイントは「なぜ今、この情報が入ってきたか。この情報は実際、どの程度のモノなのか」というセルフチェックです。

大凶方位が嫌なのは問題が起きる可能性が高まることです。

その選択をわざわざ自分でしているために、3つが重なる状況が生まれます。

逆に言えば、これを避けるだけでも大分違ってきますし、大凶方位を選び問題が起きたとしても、対処がしやすいです。

いつも読んでくださってありがとうございます。

2
タイトルとURLをコピーしました