引っ越し時期・方位が凶方位の時に適した占い

大凶方位・大殺界・天中殺・空亡・陥入・八方塞と方位除け・方災除け、そして方違え

引越し時期・引越しの方位・方角が気になる人が占い師に相談されます。

それは良いのですが注意点があります。

引っ越し時期や方位を出すのに適した占い、それほど適していない占いがあることを知っている人は多くないです。

知らないながらネットで「引越し方位」とか、「引っ越し時期」とかで調べます。

そして土ツボにはまります。

自分で調べた結果、占いの結果が良かった人が相談されるケースは少ないです。

占いの結果が悪そうだから相談される

引っ越し時期が気になるパターン、引越しの方位が気になるパターンは、それぞれきっかけが別なことが多いです。

引っ越し時期が気になるパターンは「どうせなら良い時期に引っ越したい」という想いです。

「時期」と言ってもそんなにガチで思っているわけでは無く、大安吉日程度です。

調べてみたら「引っ越しの時期だけでなく方位・方角にも吉凶がある」という情報が目に入りくるくるします。

一方で引っ越しの方位が最初に気になる人は、家を建てる事がきっかけになりやすいです。

家を建てるときは家相を気にされる方も多く、その結果、引っ越しの方位・方角が重要という情報を目にすることがあるからです。

これら以外にも周りの友人・知人、他人から「引っ越しの方位や時期は気にした方が良いよ」という余計な情報によって不安になることもあります。

知らなければ良かったのに知ってしまったら大変です。

出来れば何も変えずにこのまま先に進みたいと思うのが普通です。

気にせずに済むならそのまま忘れて良いです。

忘れられる人は忘れられるのですが、そうじゃ無い人はどうするかです。

信頼出来そうな占い師さんに相談する

引っ越し時期や引っ越しの方位を占うなら、方位鑑定を得意とする占い師さんに相談されると良いですが、そんなに都合良く周りにいないと思います。

もし、方位鑑定の出来る占い師さんでなくとも知っている占い師さんがいるなら、その占い師さんに「今回のケースでは誰に相談したら良いですか?」と紹介してもらうのが堅実かも知れません。

占い師は占い師繋がりがあるので。

方位鑑定を得意とする占いは九星気学(きゅうせいきがく)や奇問遁甲(きもんとんこう)などなので東洋占術系になります。

西洋占星術やタロットメインの占い師さんだと難しいかも知れません。

大抵の占い師さんは「方位鑑定を得意とする占い師さんに相談した方が良い」とアドバイスされると思いますし、知っている人がいれば紹介ぐらいはしてくれます。

占い師に相談するメリットは気になる事を解消出来る

デメリットはお金が掛かる上に、占い師さんによって当たりはずれがあることです。

はずれの占い師さんに出会うとしんどいですし、下手をすると複数の占い師さんに相談することになります。

このブログにたどり着いたあなたは、いろいろと自分で方位や時期を調べていると思います。

何とかならないだろうか、良い情報は無いだろうかと思って探していると思います。

この段階の人は占い師さんに相談した方が良いぐらいの精神状態にあります。

このブログにたどり着く前に、自分なりに調べているからこのブログにたどり着いているからです。

そういう人に本で調べたら良いとか、ネットで調べたら良いとかという情報は役に立たないです。

いろいろな知識がたくさんつまってしまって、結局どうしたら良いのか分からなくなってしまっているためです。

ネットの普及で便利になった分だけ不便なった点です。

一昔前なら本屋で気になった本を一冊か二冊買って、それでも気になるなら占い師さんを探してというパターンでした。

このパターンだと今のようにバラバラの情報が入ってきにくいので、精神的な混乱が少ないです。

でも、精神的な混乱が少ないから良いとも言えず、メリットとデメリットは表裏一体なので難しいです。

このブログにたどり着いた段階で自分で調べるのは難しい

自分で調べることが難しいのであれば、占い師さんに相談した方が良いということになります。

結局、一番良い手が最後の手ということです。

迷走しなくて済んでいる人、不安を感じていない人には不要な話です。

でも、迷走してしまっている人、不安を感じている人は何とかしないと余計に土ツボにはまります。

引っ越しが凶方位の場合、一人の引っ越しならまだしも、家族の引っ越しになると家庭不和の原因になります。

実は引っ越し時期・方位・方角で凶方位は重要で無い理由

確かに凶方位は嫌なものですが、凶方位というだけならこれまでもたくさん凶方位に行っているはずです。

旅行もそうですし、引っ越しもあると思います。

私のところに相談される場合も「以前は気にもしなかった」という例が多いです。

だからこそ凶方位だからどうのこうのではなく、「この凶方位と現実はどのように繋がっているか」をはっきりさせるのが現代の占いです。

私はこの手法を明確に打ち出していますが、他の占い師さんも意識的・無意識的に鑑定に取り入れていると思います。

そうじゃないと「凶方位だから悪い」となってしまいます。

でも、それでは「凶方位は絶対にダメ」となってしまいます。(参考:「凶方位は絶対だめなの?」)

占いはそこまで絶対的なものではありません。

占いは何が運命に影響を与えているのか、人生を左右しているのかを垣間見るための手段です。

まずは方位の影響がどの程度あるのかを鑑定

相談者の過去の引っ越しや旅行を占い、相談者自身の過去と比較すれば影響の程度は分かりますし、ご自身も理解出来ます。

この鑑定結果とこれからの引っ越しの鑑定結果をすり合わせていくことで、今後どうしたら良いかを明らかにします。

こういうことは本でもネットでも調べようが無いですし、だから「占い師に相談した方が良いです」となっています。

人は現状が分かると今後どうしたら良いかも分かります。

ただし、今後どうするにしても、再度引っ越しをするとかという意味合いではないです。

方位の影響があると分かった人は、今回の引っ越しをきっかけにして問題点も明らかになりやすいです。

問題点が明らかになればそれを中心に対処をしていけます。

対処をしながら凶方位の影響を吉方位旅行などで変えていきます。

ただし、凶方位の影響が強く出る人の場合は要注意

方位の影響を強く実感する人の場合、相当注意しないと引っ越し後も何かと大変で不運・不幸感が満載になります。

人生の選択(運命)が悪い選択(凶方位)を取るタイミングに重なっていることを暗示しているからです。

こういう場合は出来る範囲で引っ越し時期をずらしたり、引っ越し先を変えられるなら変えるようにします。

結局、凶方位が教えてくれていることは「本当は今じゃない」ということです。

「本当は今じゃない」のですから、その中で何かをやれば問題が起きやすくなります。

引っ越し時期の調整が難しいときは、起きやすい問題を想定し対処していく事で凶方位の影響を弱くしていきます。

「今じゃない」というタイミングの補正は、時間の経過と共に徐々に修正されていくことが多いので、だんだん楽になっていきます。

占いは運命と現実のタイミングを合わせる作業

タイミングが合えば物事が調子よく進み、そうじゃないときは何かと問題が起きやすい感じ。

厄介な点があるとすれば、引っ越しがとんとん拍子に決まったからといって「良い方」にタイミングが合っているとは限らないことです。

良い方にタイミングが合っている場合は、占いの結果も良い方になりやすい=吉方位を選びやすいです。

凶方位を選んでいる場合や凶方位を選ぶしか無い場合のとんとん拍子は微妙です。

いずれにせよ現状をはっきりさせることで、どうしたら良いか分かるのが占いを受けるメリットになります。

一緒に読んでみてください↓

0
タイトルとURLをコピーしました