大殺界や天中殺が不安でも、やりたいならやった方が良い

大殺界だから、天中殺だから、凶方位を理由にして、望んでいる事を諦めるかどうかは検討が必要です。

占いにはたくさんの種類がある

ここに「ある意味での真実」があります。

占い師によって使っている占いが違うことは、占いを知らない人には意味が分からない部分もあると思います。

占い師は、みんなが引っ越しの方位を気にするわけではありませんし、家相を気にするわけでもありません。

大殺界を気にしても気学は気にしない占い師もいれば、天中殺は気にするけど大殺界は気にしない占い師もいるでしょう。

占いにはたくさんの見方や答えがある

天中殺を気にしない占い師もいますし、凶方位を気にしない占い師もいます。

凶方位一つとっても、この方位のこの凶方位は気にするけど、別の基準の凶方位は気にしないという占い師もたくさんいます。

これらのことから、絶対的に正しい占いは無いということが明らかです。

科学的に配合されている薬と比べるのは薬に失礼?かもしれませんが、効く人と効かない人がいるのと似ています。

だからこそ、占いで出てくる答えの受け止め方が大事になります。

自分の状況によって占いの受け方も変わる

大殺界や天中殺、凶方位を無視しても良い?というお話では無く、無視できる人もいれば無視をしない方が良い人もいるという意味です。

占い師によって違いがあるというのはお話してきたとおりですが、この違いは人によって影響の大きさが違う事を意味し、自分にとって影響の大きいものを見つけ、選択をしていくと効果的ということでもあります。

ここでタイトルに戻りますが、大殺界や天中殺、凶方位という嫌な運勢・運気の流れがあるときに、どういう選択をしたら良いかです。

やろうとしていることを止めることが出来るなら止めた方が良いかもしれません。

でも、同じような時期であっても、人によっては「どうしても選ぶ必要がある(選びたい時がある)」という場面があります。

「どうしたいか」をはっきりさせると選択肢も明確になる

人は「どうしても〇〇する(したい)」時に、その人の運勢・運気・運などを表に引き出すことで、現状が見えてきます。

今、大きな問題も無く、現実問題としての不安材料がないなら、大殺界や天中殺、凶方位であっても、やる方向での可能性を模索する価値があります。

一方で不安材料がたくさんある場合は、時の流れと一致していることから要注意です。

でも、「それでもやりたい」というケースもあります。

それならば「やる」を前提にした上で、どうしていけば良いかを占っていきます。

難しいのは、止めることは出来るけど、出来ればやりたいという場合の判断の仕方です。

この中途半端な状態は生き方が迷走している時に起きやすいです。

諦める前に出来る事があります

生き方が迷走しているとは、我慢が多かったり、今やることを先延ばしにしていたりする時です。

こういう場合に大殺界や天中殺、凶方位と聞いてしまうと、身動きが取れなくなります。

そして、「やっぱりだめか」と諦めてしまったりします。

占いは人による、状況による、想いによるという感じで、どこに焦点を当てるかで未来が変わっていきます。

一方で、占いの結果できっかけを台無しにしてしまうこともあります。

占い師ですら判断基準は様々有る、目の前の答えが全てとは限らないことを知るだけでも、随分と違うと思います。

占いの答えとは別に、あなたが何を望んでいるのかを明らかにしてみてください。

答えは自ずと出てきます。

タイトルとURLをコピーしました