凶方位でも引っ越したいところに引越して良い?

凶方位でも引っ越して良いですというお話をちょいちょいしています。

凶方位でも引っ越して良いとお伝えするお話の中心は「その選択が自分に合っている」という条件があることです。

自分に合っているかどうかは抽象的ですが、相談者本人は何となく分かる話です。

合っている選択なら、どういう状況になったとしても乗り越えていける話です。

乗り越えて行くという表現をするのは、合っている選択なら、それはその人にとって「必要な選択」でもあるためです。

「合っている」なら「引っ越したい」も一つの目安

「〇〇したい」「〇〇が好き」は本質を突いていますし、理屈ではありません。

望んでいないのに「〇〇したい」とは言わないですし、好きとも思わないです。

人は理屈で考えるようになって生きやすくなったかもしれませんが、その結果笑顔が少なくなった可能性もあります。

相談を受けていると理屈はその通りだけど、それで幸せなのかな?と感じる場面が多いです。

「〇〇したい」「〇〇が好き」は誰もが持てるものではないですし、望んだからといって手に入るわけでも無いので、とても大切なものです。

「やりたいことをやってください」とお伝えして、「これがやりたい!」とぱっと出てくる人は今、結構幸せです。

「やりたいことはなんですか?」とお聞きしても、しばらく考えてから漸く出てくるか、考えても出てこないことが多いです。

やりたいこと・好きな事がいつの間にか分からなくなっている

自分の感情にフタをすることに慣れてしまうと、こういう状態になりやすいです。

だからこそ、引っ越したいと思う場所が本当に引っ越したいなら、引っ越した方が良いです。

実際にこういう「すごく引っ越したい!」というご相談はあります。

引っ越したいなら引っ越して良いと言われているのに、実際に引っ越しをされるケースは少ないです。

その引っ越しの方位が凶方位だから止めるというのではなく、「すごく引っ越したい!」と思っていたのが実は違ったということが多いからです。

本当に引っ越したいなら占い師を探してまで相談することはない

これが一つの答えになっています。

でもまれに「引っ越したいけれどいろいろと考えてしまって」という人がいて、こういう人の中には引っ越した方が良い人もいれば、止めた方が良い人もいます。

引っ越したい気持ちがその人に合った気持ちなら、その引っ越し先が占い上どういう風な感じであったとしても、引っ越した方が良いです。

ただ、簡単なようで結構難しいです。

引っ越しについて考えてしまっているので、その適性を占う必要があるからです。

結局は一つのところに集約をされて「したいの?」「好きなの?」となってきます。

吉方位と凶方位の引っ越しの場合、凶方位の引っ越しになる方が自分を見直す機会になります

吉方位だと「吉方位だから」ということで、気になっている事を見ないようにしてしまうことがあります。

運気が上がれば何でも良いわけではなく、運気が良くなっても気になる物・嫌なものはやっぱりだめですし、その結果上げた運が下がります。

吉方位だとこの辺をスルーしてしまうので結構難しいです。

一方で凶方位だと最初から「何か悪いのかも」とあれこれと気にするので、大切なものを明確にしやすいというメリットがあります。

「引っ越したい」という気持ちを再検討したときに「やっぱり引っ越したい!」となれば、大抵の問題は乗り越えられます。

だって、やっぱり引っ越したいのですもの。

明確な何かがあれば、自分に必要な選択になり得ます

人は必要な選択をしていくことが出来れば、幸せになっていけます。

楽では無いかもしれませんが、幸せな人生の方が私は良いなと思います。

全てに良くという選択をしようとすると、必要な事が分からなくなることがあります。

「引っ越したい」が本物ならそれが今、必要な答えです。

後はそれに合わせて修正したり調整していけば良いのですから、凶方位を恐がり過ぎる必要はありません。

一緒に読んでみてください↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧