九星気学は当たらない?方位の効果・影響を気にしすぎ?

方位の影響はない?占いは信じない?

「気学や方位学は当たらないよ、信じる必要は無いよ」とお伝えすると安心する人もいると思います。(こちらにも書いてます⇒「九星気学はウソと言われる理由」)

気になるなら最初から見なければ良いのですが(笑)、九星気学なども含めて占いの当たる当たらないは人によって違います。

占い師と相性が微妙な人は当たりにくい?(当たらないわけでは無い)

占い師との相性とは、方位占いという特定の分野だけではなく占い全般の話で、「全体的に当たっているか」「微妙か」が目安になります。

これがまず一つ。

占いの基準は全ての人を鑑定出来るようになっていますが、「その結果がどうか?」については相談者の状況によって変わってきます。

その上で大事なことは、九星気学も他の占いも方位の効果も、実感のある人とそうじゃ無い人に分かれることです。

実感が無い人にとってその占いは役立ちません。

第三者から見て「それって当たってるよね」と判断出来ても、相談者自身が理解出来ないのであれば「ないのと同じ」です。

当たっていても外れている状態

もちろん、実際に当たっていない場合もあります。

この精度を少しでも上げるために、私は過去の鑑定やいろいろとお話を聞いてその人の現状と占いのすり合わせをしてきます。

こういう占いのやり方をしていると、あまり細かい事を言わなくなります。

特に私の場合は「占いはどうしたら良いかを教えてくれる情報源」というとらえ方をしています。

占いに「絶対に確実」というものが存在しないのですから、大きなところを押さえる事が大事となるのは、自然の流れです。

引っ越し日より都合の良い日が良いときも多い

その時代の流れに合わせやすいような鑑定結果を引き出していくのも、私の仕事だと思っています。

あまり細かい感じで鑑定結果を出すと、現実離れしてきますし(やりにくい、負担の大きなモノ)、効果も「?」な感じです。。

引越しの方位鑑定でよくあるのが「引っ越し日を占いで出すこと」です。

「この日に引っ越したら良い!」という感じです。

これはこれで良いのですが、占いは別にして、引越しをする人にとって「都合の良い日」があります。

都合の良い日なんて人それぞれ違います。

仕事もあれば家の事もある、周りの人との兼ね合いだってあります。

占いの吉日より、都合の良い日を優先した方が圧倒的にうまく行く場合もありますので、「日を選ぶ」よりも「○日から○日まで」で引っ越しに都合が良い日を選ぶ方が、総体的に良いことも多いです。

昔と今では、占いが教えてくれる未来に違いがあります

昔と今の違いとして行動と選択の範囲が格段に広がり、更に情報の比較が簡単にできるようになったこと、そして、時の流れが速くなったことです。

この3つは占いに大きな影響を与えています。

昔は一つの事をやるにしても大きな選択になりました。

どこに進学をするのか、どこに就職をするのか、誰と結婚をするのか、どこに住むのか、誰と住むのか、こういったことは一度選択をするとなかなか変更が難しい時代でした。

今は進学をしたいならすれば良い、したくないならしなくて良い、就職も一生同じ会社という考え方が成り立たなくなってきて、誰と結婚するかどうかどころか結婚をしなくても何とかなる時代です。

住むところに至ってはどこにでも住めるようになり、誰と住むかも選択の幅が広がっています。

選択の幅が広い時代においては、それに合った占いの結果の出し方も昔とは違ってくるのは必然です。

一つの選択の影響力が小さくなっていく

人それぞれ選択や行動の重さは違っても、その選択に対する相対的な影響力が小さくなってきています。

昔は引越しが大きな人生の転換期でしたが、今はそれほどでもありません。

それでも大きな環境の変化が伴うので、方位の影響を実感出来る人にとって引っ越しの影響は大きいと判断します。

しかし、その分旅行の比重が小さくなります。

私は通常の旅行程度、特に1泊ぐらいの旅行ならあまり方位は気にしなくて良い、とお伝えするようになってきています。

これは人生全体に与える旅行の影響が、昔よりも格段に小さくなっているためです。

情報の比較がやりやすく、情報が軽くなる

テレビや雑誌だけでなくインターネットの普及により、占いの影響力の実際のところ(当たるか当たらないかも含め)が分かるようになってきました。

昔は門外不出的な扱いになっていた部分も、どんどんネット上に出るようになっています(本当か嘘かは別にして)。

その結果、占いが全てではないという理解が広まるようになっています(当たり前ですが)。

この考え自体は昔からありましたが、占い師の中にも占いが絶対という人もいれば、占いは目安の一つでしか無いという占い師もいます。

そういった占い師の違いを昔よりも比較しやすくなっていることが大きいです。

こうなると占いの実際のところが把握しやすくなります。

これによって占いは絶対では無いという認識が広まっていきます(そうじゃない流れ、余計に占いにはまってしまうケースもありますが)。

反対の情報も見つけやすくなっています

運勢が下がる時期と言われる厄年や大殺界、天中殺や空亡などの時期があります。

昔は大きな事をやらない方がよいという時代もありましたが、今ではそうじゃ無いという情報も見つけやすくなっています。

出来ないという情報があっても、出来る事もあることが分かる情報も出てきます。

昔とは違って出来ることが増えているため、占い的な対処もやりやすくなります。

これを知っておかないと、占いにがんじがらめにされて、幸せになるために占いを受けたのに不自由になってしまいます。

そうしないためにも私が大事にしているのは、占いの結果が一致する人、方位の影響や効果を実感出来る人には、出来るだけ大きな枠で自由度を高めた占いをするようにしています。

こうすることで占いを活かしやすくなり、チャンスも引き寄せやすくなるからです。

占いの結果が一致しない人、方位の影響や効果の実感が無い人は、他の占いを探すか吹っ切ってしまう方が効果的です。

占いは実感が伴ってこそ、その結果が良くても悪くても味方になってくれるものです。

そうじゃ無い人は気にしない方が精神衛生上健康になれます♪

一緒に読んでみてください:「方位なんて関係ない!方位なんて気にしない!それで良い人・ダメな人」

3
タイトルとURLをコピーしました