自然と未来の事が言葉になる時

世間話

↑この写真はいつだったかの高尾山に登ったとき、1号路の脇の一場面。

「なんでそんなことが言えるの?」と先日聞かれました。

悪い意味じゃ無くて、私が「あぁ~、TSさんもTさん(紹介っぽい投稿有り)も前に言ってたようになりますよ」って伝えた後の返事が上のお話です。

ちなみにTSさんもTさんも一度も占ったことはありませんし、基本的に私は知り合いを占う事はありません。(占う必要性が無い?とも言えるから)

TSさんもTさんも望んだ未来?世界観?があるのですが、以前の私は「どうかな~、二人が言うようになれば良いな~」ぐらいにしか思っていませんでした。

これが半年ぐらい前(2023年秋頃)の話です。

それが先日、話の流れは忘れましたが「あぁ、もうTSさんもTさんも思ってたようになるからそのままで大丈夫」って言ってた(笑)(こうやって書くと誰目線?なんで上からなの?って感じがする・・・)

その言葉に対して冒頭の「なんでそんなことが言えるの?」と問われて答えた私の言葉が、「わかんない」です(笑)。

未来が見える時がある

占いの時にはしょっちゅう起きている現象なのですが、未来に対しての「言葉」が出ちゃうんです。

ちなみに霊能力とか霊視とかは全くありませんし、技術としての占いしか知りませんが、こういうのは占いをやっている人にはありがちの話だと思います。

個人的な想いとは別枠で、なぜか分からないけれど「まだ難しいな」とか、「もう大丈夫」とかが自然に出てきます。

私の家族に対しても似たような話があります。

家族は年始になると「今年はどんな運勢かな~?」って聞いてくるので、面倒ですが一応答えます(笑)。

一昨年(2022年)の話ですが、「今年はどんな運勢かな~?特に仕事はどんな感じになるかな・・・」って聞いてきました。

当時、「このままこんな感じでいくのかな~、そろそろ変えたいな~」みたいに家族は思っていたようです。

その時の私の答えが「これから3年の内に方針が決まると思うから、今まで通りにやってれば良いよ」って言った記憶があります。

これは占いの結果を見て、家族の様子を見て伝えた言葉です。

実際どうなったかと言いますと、去年、急に「大学院に行きたいから行って良い?」と聞いてきました。

「行きたいなら行けば良いのでは?」と答えましたが、きっかけとなる話を周りから聞く機会があったらしく、やってみたくなったようです。

更に、仕事のやり方についても「こういう話があったんだよ~」と話があったので、「それにのっかってこちら側の意向も伝えた方が良いよ」と話をしたら、前から本人の中で望んでいた希望が通ったみたいです(年度が明けた今、ものすごく忙しそうにしています(笑))。

こうやって書いていて思うのは「その人の本質に沿うように生きていれば勝手に必要な答えに巡り会っている」感じがします。

その人の本質というのは、私流に言えばその人の生き方です。

全ての人に本質は存在していて、それはつまり「その人の生き方」を持っていることになります。

自分の本質(生き方)を知ることで、自分に必要な選択がとれる

厄介なのは何も知らなければ、その人にとって良いか悪いかは関係無く、その時の状態に左右されて選択してしまうことです。

私は占いを通して見えている相談者の生き方を参考にしながら、その人の現状を伺って「その人自身の生き方」を明らかにします。

いえ・・・占いを使わなくても、その人のお話を伺っていれば勝手に浮かび上がってきます。

これまで何をやろうとしてきたか、今はどうなのか、これから先何を望むのかといった話をする時に、人は無意識に「生き様」を表に出します。

最初の段階はお互いに手探りで会話をしますが、だんだんと話の方向性が定まっていきます。

すると「生き様」がハッキリとし始め、更にその人の「幸せな生き方の形」も浮かび上がります。

みんな違います。

「幸せな生き方の形」に向かって行くと不安は少なくなり、幸せを感じやすくなります。

ここが一番不思議なのですが、「幸せな生き方の形」に向かい始めると、その人が望んでいることが何らかの形で叶うことも見えてきます。

それが「大丈夫。いけるよ」って言葉になるらしい。

油断すると「幸せな生き方の形」が「自分に都合の良い生き方」になるので、その都度自分の判断や行動を振り返った方が良いです。

たまに迷走してしまう感じの人が、知り合いの占い師さんの中に居ます。

超絶しんどくなったら連絡をしてきます。

話を伺うと「しんどくなるための選択」をしていることが分かりますので、「何をどのように受け止め行動に移していけば良いか」を話します。

言葉は力です。

超絶しんどくなる状態は何も変わっていないのに、「どうしたら良いか」が理解出来た瞬間に「おっけー!これなら大丈夫だ!」ってなるようです(笑)

人の話ばかりなので、私自身はどうなのかというと、私自身は常に振り返りの日々のような気がします。

うわ~とか、めんどくさ~いと感じる事もたくさんあります。

ただ、何か感じても自然に消えていくのが分かっているので放置します。

振り返る時は「なぜ私はこう感じているのだろう」と状況を掘り下げると、「あぁ、これはこうだね」と答えが出て、気になる事が消えていきます。

こんな状態を維持しているので人のお話を伺うと、必要な事が浮かび上がりやすいのだと思います。

そして、浮かび上がってきた何かが言葉になるから、気がついたら話していた・・・になると。

理由は分かりません(笑)

ただ、みんな最終的にホッとして幸せそうな感じになってるからそれで良いかなって思ってます。

4

コメント

タイトルとURLをコピーしました