九星気学で旅行や引っ越しの凶方位を気にしすぎ?

九星気学・方位学の凶方位

吉方位や凶方位がすごく気になるという場合、その原因を作っているのは占い師であることが多いです。

怖がらせすぎています。

占い師の役割は脅すことではなく、どうすれば良いのかを占いを通して伝えるのが仕事です。

相談者に「方位の影響は重要なんだ」と思わせるために、ちょっとしたことを強く言うような占い師もいるらしいです。

移動の方位が悪くても現状次第で対処は変わる

私に依頼される相談者は、方位が気になって相談される方がほとんどですが、方位の影響や解釈が全てではないです。

「運」は「流れ(タイミング)」です。

その流れを読むのが占い師の仕事なんですが、流れが激悪だからどうのこうのはありません。

今が悪いなら、悪い中で出来る事を見つけていきますし、今が普通ならそれを維持出来るような選択を見つけていきます。(良くすると言わないのは、良くしようとするほどに無理な選択が出てきやすいからです)

「凶方位を取ったら死ぬ」っていう占い師は儲かるかも知れませんが、後が大変です。

人の生き死になどを占う事は、占い師にはたぶん無理です。

傾向・可能性を占うことは出来ても、それ以上は占い師の領分ではないんじゃないかな。

方位の影響が怖くて辛い場合、現状を把握すれば良い

方位を気にして出かけられない、凶方位が怖くてたまらないという人の対処法は簡単です。

方位を気にして動けないなら、方位の実際の影響を整理して見れば良いです。

「なぜ怖いのか」が分かると、どうすれば良いかもはっきりします。

見えないものに対する不安をはっきりさせないで、対処ばかり(祐気取りとかお水取りとか)に意識が向くと辛いです。

方位が気になる、凶方位が怖いと言っても、これまでにもたくさん凶方位に行ってます。

その全てで悪いことが起きているわけではありません。

凶方位でも良いこと、救われていることはある

凶方位の威力絶大という人は、良い事なんて一つも起きないと言いますが、実際にはいろいろと起きています。

こういう時は、怖い理由を怖くてもじっくり見定める事、その中に隠れている良かったと思える事を見つけ出すことです。

こういうのは一人では大変なので占い師に相談したりします。

自分で出来るならそれで良いです。

不安を不安なままにしないことで地に足が付く

大事なのは、あなた自身の本来の精神バランスを取り戻すことです。

方位が気になるのは、自分の不安定な状況をはっきりさせるタイミングでもあります。

ただ、その使い方を間違えると、方位が気になって仕方が無くなるのです。

気にしない事が出来れば良いですが、それが出来ない人のために今回はお話をしました。

方位が気になる、方位が怖いということならば、過去の自分を調べ、今の自分と向き合うところから始めれば、きっと地に足が付いて不安が和らぎます。

凶方位は悪いと思っていたけれど、その中で良いこともあったし、必要なこともあったと気がつけば、不安も落ち着いてきます。

0
タイトルとURLをコピーしました