凶方位や吉方位の影響は信じるか信じないかだけのこと?

九星気学・方位学の方位の効果・影響

いきなりのお話ですが、吉方位や凶方位の影響は信じるかどうかは関係無く、あるか無いかです。

引っ越しや旅行を決めた後、「うわ!凶方位ってなんだ?」ってなるかもしれません。

不安になってネットであれこれ調べます。

本屋に行ってとりあえず調べる人ってどれくらいいるのかな、私自身もまずはネットで調べることがほとんどです。

でも、ネットで調べてもよく分からないこともありますし、占って貰ってそれなりに納得もしたけど、よく分からない場合もあります。

その結果、行き着くところとして「方位の影響を信じるか信じないか」という精神論です。

信じるかどうかが大事ならそれでも良いのですが、もともと「方位(占い)のことを四六時中気にしないほうが良い」と私はお話しています。

占いよりも現実の方が大事だからです。

西に黄色は本当に金運が上がるの?

西に黄色は家相・風水の世界です。

九星気学などの移動の方位とは違います。

でも、全く違うわけではなく共通点もあります。

西は金運に繋がるという部分は共通点です。

でも、いつでも金運が上がるわけではありませんし、家相・風水で見た場合であっても、条件を満たしていればどんな家でも西に黄色で金運が上がるわけでもないです。

西に黄色を置くお陰で出費が増えるケースもあります。

運気が上がる、運気が下がる、それぞれにそれなりの理由があります。

信じるか信じないかでは無く、仮説と現実の結果です。

だからこそ、方位を信じるかどうかよりも、方位の影響の実感があるどうかが大事になります。

運気の上下は一定の条件が必要

凶方位に引っ越して嫌なことが続けば、凶方位の影響を受けた「可能性がある」と考えられます。

実際、運気のお話をするならば「凶方位に引っ越しをする」というのが、凶現象を引き起こすきっかけでありタイミングとなります。

なんでもそうですが「その時が来ないと現象は起きない」です。

実際に引っ越しや旅行で凶方位に行ったときに、その時も含めて全体的に何か起きていたかどうかです。

信じるとか信じないとかは「凶方位は悪い方位だから悪いことが起きるんだ!」という妄想や思い込みに繋がります。

吉方位は良い、凶方位は悪いで判断すると不安が強くなる

吉方位か凶方位かを気にし始めると不安が強くなります。

吉方位か凶方位かが大事では無いのに、いつの間にか判断の中心になってしまっています。

でも、現実と自分の状態を確認する方が大事です。

占いで重視するのも「あなたの状況はどうなのか」ですし、状況を考慮しながら占いの結果と現状をすり合わせしたほうが、現実に一致しやすいです。

本やインターネットでこういうダイレクトな情報は得られません。

吉方位や凶方位の影響は「あるものだ」と信じ、「凶方位といっても意識の問題でしょ?」って言い始めたら、本質が見えなくなってきます。

信じるかどうかでは無く、方位が気にならないならそれで良いのです。

しかし、何か気になって引っかかるところがある場合、信じる信じないではなく、今の自分はどういう状況にあるのかを踏まえて判断したほうが安全です。

そうすれば、闇雲に怖がったりしなくなるメリットもあります。

人は現状を理解し、対策を知ることが出来れば、たとえ窮地であっても落ち着いて行動が出来るものですし、問題がなければそれで良いです。

1
タイトルとURLをコピーしました