吉方位なのに悪いこと嫌なことが起きる時

九星気学・方位学の吉方位

4月5日~5月4日は丁度同会月ということもあって、方位を気にする人もいます。

思ったような感じじゃなくて不安になってしまうこともありますが、吉方位で嫌なことが起きる意味合いを知っていると対処の仕方も変わってきそうです。

私も丁度、この間の吉方位旅行の後に発覚したことで、料金を貰いすぎていることに気がついたことがありました。

後日返金する流れになってホッとしていますが、「ばれなきゃ良い」とかそういう風には考えないです。

「ここで分かってくれたことで、後が楽」そういう事例は山ほどあります。

一見するとイマイチなようなことでも、あぁ助かったなというのもあるということです。

起きた出来事にすぐ反応するよりも、せっかくなので「どういう意味だろうか?」とじっくり向き合ってみることをお勧めします。

それでは本文です↓

引っ越した後、旅行をした後に悪いこと嫌なことが起きると「これは凶方位だったに違いない」と相談されることがあります。

本当に凶方位なら納得が出来ますが吉方位のケースもあります。

吉方位が本当なら起きた出来事は良いことのはずです。

悪いことが起きたのに良いこととして理解するのは難しいですし、これは良いことのはずだと思い込むのにも無理があります。

では吉方位では無いのでしょうか?(参考:「物が壊れること・体調を崩すことは不運なのか幸運なのか」

こういう時はそのときの方位の状態を含めて、相談者の置かれている状況などの生活全体を占っていきます。

吉方位なのに悪いことが起きたときは、「これが良いことならどういう意味?」という考えてみます。

嫌なことだけど・・・どう理解したら良い?

方位鑑定に加えて、その人の運勢・運命・生き方、旅行や引っ越しを企画するときに何を考え、どういう状況だったかも占いに含めていきます。

悪いことだと思っていた事が、もしこれが良いことだったとしたら一体どういう状態にあったのだろうか?何が必要なのだろうか?と徐々に明確になっていきます。

そうすれば、今、どうすれば良くなるかも分かります。

その悪いことは今起きないで欲しかった?

起きた出来事が「今必要なのかどうか」を考えると、吉方位なのか凶方位なのかが明確になりやすいです。

吉方位で悪いことが起きたときはかなりの確率で「(嫌なことであっても)今起きてくれることで助かった」というタイミングになってることが多いです。

悪いことが起きるのは辛いことですが、悪いことが起きるタイミングによっては助かったという場合もあります。

悪いことが起きてしまうなら「このタイミングで起きて欲しい」というタイミングです。

凶方位はそうは行きません。

凶方位は本当に困るときに問題が起こる

凶方位のトラブルは起きて欲しくないときに重なっておきます。

だから、セルフチェックをしてみると明確に出てきます。

吉方位なのに悪いことが起きる、でも、その起きた事は「今起きてくれたから助かった」という整理の上にもう1段階あります。

この悪い事はどうして起こったのか?対処出来る事なのかそれとも無理なのか?

そこまで占っていきます。

方位を影響を意識するかは別にして、今選択した方位と時期は過去の蓄積が形になったものです。

過去の蓄積が現実になる?蓄積が消えていく?

過去の蓄積が現実化する場合、しかもそれが悪い事の場合、ここに至るまでに無理をしていることがあります。

無理ではなくどこかで「見ないようにした」のかもしれません。

悪い事に特化したお話をしているので嫌な話が続いていますが、これは良い事でも同じような感じです。

蓄積があってこそ現実に姿を現します。

それが今なのかそれとも未来なのか、あるいは形にならないで終わるかは分かりません。

吉方位で悪い事が起きた時、今じゃないと大変なことになる

蓄積が現実化することで流れを全部ストップさせてしまうことがありますが、それはそれだけ大きな蓄積だったということです。

こういう場合、とにかく目の前の事に対処します。

いろいろと思うところがあるかもしれませんが、今起きてくれたことで時間を確保しやすくなっているはずです。

周りに迷惑を掛けることになるけれど何とかなる、そういう状態で起きているはずだからです。

これが分かっていることで起きた事態への対処が早まりますが、分かっていないと事態が悪化する上に問題が長引きます。

その問題が起きるまでに掛かった時間分ぐらいは、解消するのにも時間が掛かります。

問題の対処は人それぞれなのでポイントを絞る

目の前の事に対処しつつ出来る事をやっていくと、徐々に問題が収まってきます。

あれこれやるのではなく、とにかく目の前の事に絞ります。

落ち着いてくれば本来ある流れが出てきます。

良い方位なのに悪い事が起きるときは受け止め方を間違えると泥沼にはまりますが、冷静に目の前の事を受け止めていくと必要な事が見えてきます。

もし吉方位なのに悪い事が起きたときは立ち止まるときです。

そして、今のままで大丈夫かどうかチェックをしていきます。

ここをしっかり出来れば、悪い事が収まるのも早いです。

10

コメント

タイトルとURLをコピーしました