単身赴任や転勤の方位の影響

方位学の引越し方位鑑定のポイント

移動が多い人が方位の影響を気にする場合、その最初の行動が方位を占う基準になります。

転勤族や出張が多い人や家族は自然と移動が多くなります。

毎週家に帰ってきたり、毎月家に帰ってきたり、そういうことが普通です。

この場合、「厳密には」全ての移動の方位の影響を考慮しますが、普通の人がそんなことをしていたら、生活がめちゃめちゃになってしまいますので、そこまで気にする必要はありません。

凶方位の一番の問題は夫婦喧嘩・家族喧嘩です

方位を気にする時に厄介なのは「○○でなければならない」という意識が強くなりすぎることです。

吉方位をとりたい、凶方位を避けたいというのはありますが、それが本来の目的では無いです。

占いは手段であって目的では無いからです。

凶方位を避けたいと思って夫婦げんかしてたら本末転倒です。

家族が一緒に居た方が良いのか、別々の方が良いのかについて、その人の運命や運勢を基準にした方が良いこともあるとお話をしているのも、これが理由です。

その人にとって、その夫婦(家族)にとって、幸せな環境や状況はどこにあるのかを明らかにしていくのも占いの仕事です。

移動の多い人の方位の影響は、目立ったものだけをチェックすることが多いですが、それでも個人レベルでは難しいことが多いです。

そこで、移動は多くても、そのきっかけとなる引っ越しの方位の状況を見ます。

全ての始まりを引っ越しが暗示している?

最初の引っ越しをみるやり方自体はそれほど難しくありませんが、解釈の幅が広がるので難易度が高いです。

見るところは方位の見えている部分だけでなく、やろうとしていること、現状、生活状態、今後想定されることなど把握できることを把握し、方位の状況と照らし合わせます。

単純に凶方位だからどうのこうのではないです。

これを踏まえた上で、引っ越した後どうしていくかを鑑定していきます。

占いが生活の中心にならないように注意を払い、「幸せ」を中心にして落としどころを探していきます。

運気は気にしなくて良いの?と思われやすいですが、移動が多くなる場合、細かいところに意識を向けるとうまくいきにくいです。

占いで落としどころを探してプラスにしていく

すでに現実面がマイナススタート(問題が多い)の場合は、方位の影響の前に運命・運勢から手を付けて現実に対処をする方が優先されます。

凶方位を避けることばかりに意識が向いてしまうと、無理をして余計な問題を引き起こしやすいからです。

移動が多くなる人で方位が気になる人は不安が大きくなる傾向にあります。

それを避けるために、どこまでが良くて、どこからは注意した方が良いのか、何よりも現実面で注意するポイントはどこなのかを確認していきます。

転勤族は流れに乗るかどうかで人生の浮き沈みがはっきりする

自分の思うように行動をしても良いですが、それでうまくいかないときは行動をコントロールするとバランスがとれることが多いです。

方位の影響は何でも神経を尖らせるのでは無く、大事にする部分とそうでない部分があり、人によって違います。

共通するのは「占いを意識するのは幸せのため」です。

ここを外さなければ、落としどころも見えてきます。

いつも読んでくださってありがとうございます。

この後のあなたの時間が穏やかなものでありますように♪

一緒に読んでみてください↓

1
タイトルとURLをコピーしました