凶方位の影響を弱めるのは気づきと対処

九星気学・方位学の凶方位

凶方位が目安にならない人もいます。

凶方位が目安になる人もいます。

凶方位が目安になるかならないかは、その影響を実感出来るかどうかにあります。

目安にならない人は凶方位の引っ越しや旅行を、気にせずに済むなら気にしない方がお得です。

目安になる人は凶方位の引っ越しや旅行は注意した方が良いです。

占いは当たるか当たらないかを気にすることが多いと思いますが、必要なのはその先で「どう判断し対処するか(しないか)」です。

当たっていないのに不安だからと気にしていると、幸運をつかみにくくなります。

当たっているのに気にしないでいるのも、同じように幸運をつかみにくくなります。

私は占いは「自分で当てに行く」方が効率が良いと思っています。

「占いを当てに行く?」というのも変な表現ですが、占いを当たりやすくすることは可能です。

出会いが欲しいと思う人が占いで「〇年は結婚運が高まる」と聞いたなら、全力で人との関わりを増やしていくことが、占いが当たりやすくなるコツです。

話を戻して凶方位が目安になる人は、お話したように凶方位の影響を実感しやすいことを意味します。

凶方位の影響というか、現実にいろいろと起きて大変というのを、体感していることを意味します。

だから凶方位は厄介と思い、凶方位の影響を何とか出来ないだろうかと考えます。

でも、このブログでちょいちょいお話をしているように、凶方位の影響とは「きっかけ」でしかないことが多いです。

起こりうる問題が起きただけであり、遅かれ早かれ巻き込まれる可能性を暗示するのが凶方位や吉方位です。

凶方位の影響はタイミングの悪さを教えてくれているので、「面倒事が起きやすいですよ」というシグナルです。

これの対処として有効なのは「特に何も起きていない時」は、お守りや厄除けで良いです。

あるいは運気が下がるのであれば、運気を上げるために吉方位旅行やパワースポットなどに行くのも良いでしょう。

下がり始めただろう運気を上げていくことで、見えない部分のケアをします。

ただし、変化に気がついたら、迅速に対処を始めます。

対処しようかどうしようかと迷うときは対処をしておきます。

何らかの流れが来ているときは、立て続けに面倒事が起き始めるので、早めの対処が楽にしてくれます。

山を越えると落ち着いてきてイベントも起きなくなっていきます。

こういうゴタゴタは起きて欲しくないと思いますが、遅かれ早かれ対処が必要なことが起きていて、連鎖的に他の事も起きていきます。

年末の大掃除みたいなモノで、ここで出来ることは全部やっておくと落ち着いていきます。

人生には浮き沈みがあり、沈む時を出来るだけ無難に「なるはや」で抜け出すタイミングとして活用出来るのも占いです。

早めの気づきと早めの対処が凶方位を軽くしてくれます。

いつも読んでくださってありがとうございます。

あなたの不安が少しでも軽くなりますように♪

1
タイトルとURLをコピーしました