引越し占いで家・物件が見つからない

方位学の引越し方位鑑定のポイント

引っ越しで方位のことが気になったときに問題になるのが「物件が見つからない」です。

これに家の運(家相)なども考慮すると、ほぼ見つかりません。

その結果、家探しに疲れてしまい、家庭不和の原因になったり、どうでも良くなったりすることがあります。
参考:「五黄殺・暗剣殺などの凶方位が気になって辛い、家族関係もおかしくなってきたとき、どうしたら良い?」

占いが気になるのは分かりますし、私自身も自分が引っ越すとなれば気にします。

私は「終わりよければ全てよし」系の占いを追求しています。

これの意味するところは「引っ越したい場所に引っ越すにはどうしたら良い?」です。

占いを気にしないということではなく、うまく落としどころを見つける手法の探求です。

引っ越しで大事なことは凶方位を避けることよりも、住みたいと思えるところに「快適」に住めるかどうかです。

現実が幸せだと運気も良くなる

住みたいところに住むだけで運気的に良い感じになります。

生活が快適になると、不安が少なくなるなど、現実面での快適度が高くなるほどに、方位とは違う部分で運が良くなります。

また、方位の影響は移動するタイミングでも随分違います。

占いを意識しつつも落としどころを見つけるやり方が、引っ越しを考える場合に大事なのは「どこに引っ越したいか」になります。

こういう手法の場合は、引っ越したい場所、物件があって、初めて占いを活用出来るようになります。

現実を優先して占いを参考にする

今のところ世の中的には、占い中心の鑑定結果を伝える占い師さんが多い気がします。

凶方位に引っ越してはいけない、吉方位で引っ越し先を探すべき的な占いです。

でも、いい加減この考え方や鑑定方式には限界が来ています。

また、転勤族の人はどうにも出来ないです。

方位が気になる人にとって、どうにも出来ないショックは大きいですが、これが気になる人もいれば気にならない人もいます。

そして、気になる人が家を探すときに見つからなくなります。

こういう人のために落としどころを見つけるのが私の占いです。

全部が悪いことは無く、良いところを引き出すのも占い

方位の影響を気にされる方の中には、方位の影響を実感される人もいますし、よく分からないけれど気になる人もいます。

方位的に全部が悪いように見えた時にどうするかです。

実際、悪いように見えても全部が悪いケースはほとんどありません。(自分で悪くしているケースはあります。思い込みとか)

方位は悪くても、運勢は良いとか、引っ越し先が良いとか、今よりも楽しい環境になるとか、何か良い感じのものが見つかる事があります。(全部がダメなことは少ない)

だからこそ、引っ越し先が見つからない時は「住みたい場所、住みたい家」を優先します。

複数候補がある場合は選択肢を提示できますし、これが現状で一番というのであれば、それを基準に全体を組み上げていくことが出来ます。

住みたい家を探すことから始めると幸せが近くなる

これも占いの手法の一つになります。

占い優先の鑑定方法ではなく、現実を軸にして良い形に調整をしていく手法です。

全体のバランスとして悪い流れよりも良い流れが上回れば、現実を快適に過ごせます。

占いを気にして物件が見つからない時ほど、欲求に合わせて探した方が話しが早いときもあります。

吉方位で引っ越しても良いことばかりで無いこともあります。

凶方位に引っ越しても悪いことばかりで無いこともあります。

私は引っ越した後も幸せを実感しやすい選択をお勧めしています。

1
タイトルとURLをコピーしました