本命殺・本命的殺と月命殺・月命的殺はどちらを優先する?

人は本来、本命星や月命星(このほか日命星などもある)の影響を常に受けていると九星気学や方位学では定義しています。

本命星には本命殺・本命的殺、月命星には月命殺・月命的殺という凶方位があります。

それぞれの凶方位は、それぞれの星が入る方位に影響を与えます。

ただし、方位を占う場合、私は本命星で方位を見る事が殆どです(子供は月命星)。

そのため本命殺・本命的殺は考慮しますが、月命殺や月命的殺は子供以外は考慮から外しています。

これは本命星の影響が「その人の人格と運命を形成する」と鑑定の経験上、実感しているためです。

平たく言えば、大人は本命星が影響を受けていると実感できるので、大人は本命星(子供は月命星)を重視するということです。

方位の影響や効果が気になるようになると、この本命星や月命星のことも気になってくると思います。

本命星や月命星には意味がある?

私自身、鑑定をするときには、基本は本命星を最も重視しますが、年齢や状況によっては月命星も参考にします。

特に、その人の人格を見る場合、本命星と月命星の特性を意識することもあります。

九星はそれぞれに意味を持っていますし、その九星から影響を受けているのであれば、性格にも反映されると考えます。

九星の影響を受けているのであれば、凶方位となる本命殺・本命的殺、月命殺・月命的殺にも影響があるとみます。

実際、九星に近い感じで人の性質が出ていることが多いです。

主に月命星は若いころに強く作用し、本命星は大人になる頃から強く作用するとみます。

若い頃には月命星(月命殺・月命的殺)を重視し、大人は本命星を重視する

大事な事は、なんでも鑑定の基準にいれれば良いのでは無く、必要なときに必要な分だけ取り入れる事です。

このため方位を見る場合、両方(本命星と月命星)を重視する占い師もいますが、私は本命星(大人の場合)を重視します。

理由は、何を選択し何を排除するかという「優先順位」のためです。

占い師にもよりますが、私は方位の影響が強いか弱いかで、その要素を取り入れるかどうか判断します。

私は相克(そうこく)や相生(そうしょう)といった見方は方位鑑定に取り入れません。

それらの持つ方位の影響が、五黄殺や本命殺などの大凶方位と比べて弱いと感じるからです。

影響の弱さで「方位の影響は無い」と判断する

たとえば方位を見るときに、大人で月命殺や月命的殺は基本的に考慮しません。

私の方位鑑定は「最も方位の影響を受けやすい環境」を見つけ出すとともに、出来るだけ楽しめるように方位を使う事です。

あれもだめこれもだめでは、どうにもならないです。

目的に合わせて方位のポイントを絞ることも占い師には必要です。

だからこそ、避けなければならない方位だけは出来るだけ避け、後は吉方位の影響を重視するようにします。

大凶方位を避けることがまずは第一、難しいときは落としどころを探す

方位盤の年盤は大凶方位なのに、月盤が吉方位だから旅行・引っ越しをしても良いとか、月盤は大凶方位だけど年盤は吉方位なので大丈夫、というのは基本的にないです。

通常は大凶方位が入る場合は避けるように鑑定をします。

年盤は吉方位だから大丈夫というのではなく、トータルで出来るだけ良い落としどころを見つける鑑定になります。

良い落としどころが見つかると、たとえ方位的に凶方位が入っていたとしても、現実は良い感じに問題無く過ごせることが多いです。

タイトルとURLをコピーしました