お金を拾う、お金が当たるのは見えないシグナル ⇒ 金運・棚ぼた運を上げつつご縁を繋ぐチャンス

手相鑑定と金運・結婚・恋愛運

寒い時期はどうしても下を向きやすいのか、それとも私が下を向いて歩いているからか、結構お金を拾います(笑)

もちろん警察に持って行きます。

1円が踏みつぶされていたこともあります。

さすがに迷ったあげく拾いませんでした。

1円さん、ごめんm(__)m(拾えば良かった)

たまにお店とかで1円とか10円とか落ちてたら、拾ってテーブルに載せて帰ったりします。

人は見ていなくても、自分が見ているのでどうしても気になって。

時には気がついても「さすがに」って時があって、羞恥心に負けます(泣)

今回のテーマは「お金を拾ったり、思わぬところから舞い込んできた場合、正直めっちゃ面倒(本音)」というお話です。

舞い込んでくるお金(お金に関わるモノも同じ)は分不相応、次に繋げる必要があるかもしれないです。

手に入れたお金の使い方が問われる

お金が入ってくるという意味は「儲けた」ではなく、そこに本質が隠れています。

宝くじも同様です。

「当たる」ということは、「何かの運命を託された」または「何かが巡ってきた」と理解する場合があります。
※金額の大小は関係無いです。

想定外のお金が入ってくる時に何も考えずに使ってしまうと、後で持ち出しになりやすいです。

自分だけ美味しい物を食べに行ったり、自分のために服を買ったり、そういうのは巡ってきてそれ以上に支払う場面が出てきたりします。

巡ってきたお金なので、巡らせることが大事で、巡らせ方を考えるタイミングです。

本来、金運は正当な手間(何らかの労力を掛ける)がある場合、問題ないです。

しかし、正当な手間以外から入ってくるお金は、じっくり考えた方が良いです。

分かりやすく言えば「試されている」からです。(被害妄想?(笑))

偶然手に入れたお金の役目

このお金を使ってみてください、あなたにチャンスをあげます。

さて、あなたはそのチャンスをどう使いますか?

え、そんなことに使うの・・・。

まだまだ修行が足りませんね。

というおとぎ話の声が聞こえてきそうなのですが、どうでしょう。

私がお金を拾ったりするときは「う、どうしよう」って思います。

でも、とりあえず拾います(笑)

で、届けます。

その後でその金額以上に周りの人に使うようにしています。

持ち出しの方が多くなりますが、それで帳尻が合いますし、「そうすることが必要な時」だったとみます。

巡ってきたお金を人のために使うことで「必要なご縁を繋いでいる」ことと「お金を金運に換金している状態」です。

棚ぼたのお金はご縁と金運に替えると成長して帰ってくる

ご縁と金運は何にでも変えられる上に、お金以上に汎用性があります。

棚ぼたで入ってきたお金を使って、思いついた人にお礼をしつつ、快適に巡らせていくことで人徳も金運も快適さも向上します。

これはお金の場合に限らず、誰かに何かをして貰った場合も似ています。

自分が何かをしてあげて、その対価で戻ってくるモノは良いのですが、相手から運を分けて貰っている場合はお返しのチャンスです。

このように、自分の気がつかないことを「お金を拾う・手に入れる」「よくして貰う」ことで、「気づかせようとする流れ」があるわけです。

何かが必要だったのだろうと思います。

でも本人が気がつかないので、これを機会に気がついてねっていうシグナルとしてとらえます。

今、あなたに動いて欲しい守り手の意思

「守り手」とはご先祖さまかも知れないですし、大切な誰かかも知れません。

お金を拾ったり当たったりするのは、見せない世界の話です。

私はよくお金を拾うと最初にお話をしましたが、お店の入り口のカーペットの上に100円が落ちているのです。

たくさんの人が行き交っているのに、「拾う」というアクションをしたのが私でした。

「ラッキー」で済ませても良いですが、「なぜ、今?自分のところに?」と意識し、自分の置かれた状況を振り返ると分かる事があります。

前から気になっていたことが手つかずだったり、連絡をした方が良いと思いつつ保留にしていたり、助けられているのに不義理で済ませていたり、何かあるのです。

状況によっては「お金を拾った後」にそのきっかけが来ることもあります。

1円を拾う先に何があるのか気になります。

本来、お金などは落ちているはずが無いのに落ちて、そして、たくさんの人と巡り会っているのに私の所に来たわけです。

このきっかけを逃すのは勿体ないです。

何かをやっても何も無いように見えることもありますが、お金関係は大抵が目の前の今じゃ無くて、巡り巡って必要なタイミングを見定めてきてくれます。

この仕組みが分かっていると、突然の収入も「これってどういう事かな」と整理出来ます。

その上でやることをやっておけば、忘れた頃に困った頃に形を変えてやってきてくれます。

運を巡らせないとどんな感じになる?

拾ったお金や当たったお金を自分の好きに使う時、それはシグナルを無視した状態です。

いわゆる貰いっぱなしの場合、本人的にはお得に見えますが、その時に必要な対処が出来ないです。

その結果、出費が増えたり、肝心なところで困ることが出てきます。

なんだか分からないけど、お金にはあまり困らないんだよね、っていう知り合いがいたら、よく見てみてください。

人に尽くしている人が多いと思います。

これは自分に巡っている運を周りにどんどん巡らせている状態です。

結果として困った状況になりそうになったら、周りに巡らせた運が自分の所に戻ってきて助けてくれます。

お金にかかわらず、ラッキーは見えないシグナル

お金を拾うだけでなく、想わぬ良い事が起きたとき、それはご褒美です。

小さなモノから大きなモノまで様々有ると思います。

これが見えないシグナルと分かっていれば、現状を振り返るチャンスです。

振り返ることで、今やったほうが良いことに気がつくかも知れません。

もしかしたら、この後、手を貸した方が良い出来事が起きるかも知れません。

どちらも「やらなくても良いけれど」というケースです。

これがシグナルです。

やらなくても良いけれど、「やった方が良い」「やってあげた方が良い」ことなら、このためにご褒美がやってきたと思って良いです。

このきっかけを巡らせていくことで、幸運度は更に高まっていきます。

2
タイトルとURLをコピーしました