過去の凶方位の影響はいつまで続く?

九星気学・方位学の凶方位

過去の引っ越しや旅行の凶方位の影響(またはこの後の凶方位の引っ越しなどの影響)が気になる人は、「影響がどれぐらい続くのか?」で不安になります。

今回の本題は「凶方位の影響する期間」です。

凶方位であろうと吉方位であろうと、影響が永遠に続くわけではありませんし、その影響が一定ということも無いです。

方位の影響は強くなったり弱くなったりしますし、大抵は吉方位・凶方位のどちらかだけの影響では無く、吉方位も凶方位もごちゃ混ぜで受けています。

そのごちゃまぜの状態を整理し、良い流れを引き出そうとするのが方位占いです。

「ごちゃ混ぜの中から良い流れを引き出すことが可能なの?」って感じですが、ある程度可能です。

ほとんどの人が吉方位の影響、凶方位の影響の両方を受けていますが(これは私も同様です)、どんな状況でも「意識した影響が強く出る傾向」があります(本には書いてないかな?)。

直近で吉方位に引っ越したり旅行をしていると、その影響を意識するので引き出しやすくなり、現状を変えやすくなります。

では、凶方位の影響そのものはいつまで続くのか?ですが、物事が起きることに対して意識できる期間には限界があるため、数年程度と考えておくと良いです(ルール上は12年とか60年とかいろいろありますが、実際の所の話です)。

凶方位の影響を受ける中で何をした?

凶方位の影響で厄介なのは、「良かれと思ってやっている事が後で足を引っ張る」ことです。

この積み重ねが大きいほど、大して今は影響していないはずなのに、当時の蓄積で足を引っ張られてしまい、後でしんどい状況が続いたりします。

方位の影響は、その影響を意識をすることで流れを変えやすくなりますが、現実を動かすには意識だけでは足らず、実際の行動の積み重ねも必要になってきます。

凶方位の影響をうけた時にやったことやらなかったこと、決めたこと決めなかったことに対して、後から帳尻合わせが出てきやすいです。(吉方位でも同じですけど)

その部分を見ないで今だけを良くしようとしても、うまく行かないです。

過去の人間関係でトラブルを起こしていた場合

過去の出来事で人間関係でおかしくなり、それが原因で今問題が起きている場合は、まずは問題の対処をするのが先決です。

凶方位の影響を断ち切ろうとするならば、現実の問題に対処をしつつ、その上で自分の流れを吉に変えていくと効果的です。(現実の問題を後回しにすると、更に複雑な問題になりやすいからです)

自分の流れを吉に変える中で判断し行動をしていくと、内在していた問題も明らかになり、解決が促進されます。

楽では無いですが、相応の対処を積み重ねていくので、時間が経つごとに楽になっていきます。

凶方位の影響期間を気にする以上に(気にしても仕方が無いですし)、凶方位の影響を抑え、流れを変える方が大事です。

過去の凶方位が気になっている人は、現状で問題点が特に無い場合は、過去の事の懸念事項を整理してみます。

もし何かあれば問題点を洗い出し対処を始めることで、問題が現実化する前に沈静化を図ることが出来ます。

結局、凶方位の影響はいつまで続くの?

凶方位の影響がいつまで続くか明確にお答えしていませんでした。

意識に残りやすい、分かりやすいのは大体1~2年が一番多いです。

どういった状況の中で凶方位に行ったのかにもよるのですが、移動をして大体その年を含めて4年が目安になります。

その中でも特にしんどいのが最初の2年ぐらいです。

私が鑑定時に注意を向けるのも、移動から2年ぐらいです。

そこから先はその他の要素(家相の影響も入ってきますし、他の運勢の影響も入る)も強くなるため、一概には言えなくなります。

また、これまでお話をしてきているように、問題を想定し対処を積み重ねておけば、影響はあっても大きな問題にならないことも多いです。

一緒に読んでみてください↓

7
タイトルとURLをコピーしました