運・運気・運勢が悪いときに、始めたこと・やったことは、ずっと悪いままで続くのか?

運勢・運命を占いで使いこなして開運

もうすぐ満月(8月22日21時2分)、天王星も逆行が明日、西洋占星術上の動きが大きいタイミングでの満月ですが、ここのところ調子がイマイチだな~って言う人は、満月とかの影響を強めに受けてるかもです。

スピリチュアルな話では無く、太陽と月が引き出す引力の話なので、気象病と似て、影響の目安になります。

調子が悪いと感じる時に無理をするとひどくなるので、大人しく出来そうならゆっくりと、それが無理なら出来るだけ手堅く出来ることだけをやっていくと良いです。

満月などは分かりやすい目安なのですが、引っ越しの凶方位や運気の低下、運勢が悪いときに「やったこと(始めたこと)」はうまくいかないと言われます。

凶方位に引っ越すと60年続くと言います(そういう基準があります。私は別の基準です)。

この基準だと、今、私が凶方位に引っ越すと100歳過ぎても凶方位の影響を受け続けることになります。

こういう話を見てしまうと、「悪い時」にやってしまうとずっと大変なのかと不安になりますが、心配しすぎる必要は無いです。

確かに「良い時」「悪い時」で、その後の善し悪しに影響を与えているとしか考えられないこともあるかもしれません。

ちょいちょいお話をするのが、ずっと悪い時が続くことも良い時が続くこともないのが現実です。

めっちゃ悪い凶方位時期に引っ越した後でも、四六時中悪いことが起きているわけではありません。

めっちゃ良い吉方位時期に引っ越した後でも、めっちゃ悪いことが起きる事があります(私自身も両方体験してます(笑))。

延々と同じ影響が続くわけで無く、強くなったり弱くなったりしながら徐々に影響が弱くなっていきます(その後の選択などで違う影響が入ってくるため)。

一つの流れにはまって、ずっと同じ状況が続いたり、問題が重なったりすることがあります。

トラブルなどは現実での話なので、問題を放置すればするほど泥沼化していきます。

起きた問題は可能な限り早く対処出来るかどうかで、その後が変わります。

運・運気・運勢が下がる時に大事な選択をすると落ち目にはまりやすいですが、落ち目にはまっても出来る対処を積み重ねると、思った以上に早く抜け出します。

そのまま放置していると上でお話したように泥沼化して、更に大変なことになりますが。

結果的に悪いタイミングで何かを始めても、それが続くわけじゃ無いことを教えてくれています。

嫌なことは避けたいですが、避けられない事も多く、起きる出来事も過去の経緯から「起きるしかないよね」となるものもあります。

一通り見てきて分かることは、悪い時に始まることは大変な流れになることも多いけど、内在している問題を明らかにしてくれるので、対処をすれば後が楽になりやすいことです。

悪いタイミングで何かをやることに不安になりすぎる必要はありません。

運・運気・運勢がどうであれ、目の前のことを後回しにせず、対処を続けていけば良いだけです。

続けている間に見えない部分の節目が巡ってきて、潮目が変わっていきます。

投げやりにならず、不安になりすぎず、やることをやっていくだけのことです。

うまくいっていない時はネガティブになりやすいですが、「結局いつもどおりで良いの?」といえばその通りです。

占いの結果を知るメリットもありますが、占いを知らない方が自然体で居られることもあります。

目の前の事に向き合う気持ちがあれば、意外になんとかなっていきます。

1
タイトルとURLをコピーしました