吉方位に行けない、凶方位しかない時

九星気学・方位学の方位の効果・影響

吉方位で運気を上げたいのに、凶方位しか無いときがあります。

方位の影響を知った人は「吉方位に行って運気を上げたい!」と考える傾向にあります。

方位の影響がある人に対しては、私もそれをお勧めします。

引っ越しをきっかけにすることもあれば、「それじゃあ旅行で」という場合もあります。

ただ、吉方位に行きたいのは良いけれど、「行きたいところじゃないとダメだよ」っていう目安があります。

上げた運気を最大限に活かすことが出来るのは、自分の選択に追い風(運気)を重ねることです。

自分の選択とは「自分が何を望むか」に集約されます。

行きたい所、住みたいところが吉方位になることが大事です。

吉方位の影響を良い形で受けたいからこその基準です。

でも「とにかく吉方位をとれば良い」という人がたくさんいるので、「方位の影響ってよく分からない」って話が出てきます。

好きな人・気になる人がそこに行くから私も行きたい!もOK

方位の影響をうまく受けるためには、気持ちがその場所に向いていることが大事です。

その気持ちと吉方位のタイミングを合わせているので、吉の運を引き出しやすくなります。

でも、吉方位がとれるときは良いのですが、それがうまくいかないこともあります。

旅行であれば、方位や時期に融通が効きやすいですが、引っ越しになると難しくなります。

とくに方位を判断基準の中心にすると、引っ越したい場所に引っ越せないこともあります。

私の占いでは吉方位よりも利便性・快適性、今よりも生活が楽しくなるのが基準になります。

吉方位に引っ越したいって相談されているのに、全然違う基準になります。

現実が優先、占いは見えない部分のつゆ払い

運気を良くすることが引っ越しや旅行の目的になる人もいますが、本当は人生を楽しくするために運気を良くするのが目的だと思ってます。

究極、不運の塊になったとしても「今が最高に幸せ!」なら「運」はどうでも良いです。

実際にはそれだけになることはなく、運が良い、運勢が良いということも、楽しい人生に関わってきます。

それでもとにかくまずは、現実最優先です。

人は現実の影響を非常に強く受けるため、最終的に精神的なモノよりも現実の問題や状態に意識が向きやすくなります。

運気が良くなれば現実が変わるのではなく、運気も現実も良くすることで、運命を変えていくやり方です。

こういう基準でいますと、吉方位に引っ越したいと思える物件が見つからないこともよくあります。

でも、吉方位に物件が見つからなくても問題ありません。

吉方位よりも凶方位を避けることを優先

吉方位に物件が見つからなくても、方位の相談をされる人は「凶方位が避けられれば良い」というケースも多いです。

凶方位は避けられなくても、一番穏便な感じになればそれでも良い、という感じになることもあります。

とにかく引っ越しをするしかない人が多く、吉方位だけで判断出来ないことも多いです。

出てきた候補の中で出来るだけ方位的・立地的に問題が無いところを選んでいきます。

このやり方は占い優先ではなく、現実優先の占い方法ですが、このやり方の良いところは凶方位であっても比較的影響が少ない点です。

凶方位の影響が弱くなるのは、現実面で利便性・快適性が運気低下をカバーしているためです。

運気や運勢よりも生活の影響が強いこともある

日々の仕事や生活が前よりも楽になると、精神的に余裕も出始めます。

今回は方位的に問題があったとしても、それは旅行や家相・風水で挽回ばんかいしていけば良いだけです。

方位が良ければなんでも良くなると思う人がいますが、無理をして引っ越しをした結果辛くなるケースは相当あります。

私が大事にするのは「現実が良くなること」です。

凶方位しか取れないけどどうしたら良いのだろうと不安な人は、現実を優先することを大事にされれば、結構良い感じになっていきます。

占いの役割は見えない部分の整理をして、トラブルに対する予測を立てることです。

そうすれば何か起きても対処が早いですし、切り抜けていけます。

無理をして吉方位に引っ越すより、冷静で効果的な方法です。

1
タイトルとURLをコピーしました