手相占いの質問例、何を聞けば良い?見てもらい方、聞き方とは?

手相占いの質問の仕方や見てもらい方があります。

手相の鑑定を受ける時は対面鑑定が多いと思います。

どういう風に相談・質問をしたり、見て貰ったら良いかが今回のテーマです。

手相を見て貰う時は、片手ずつではなく両手を開いて差し出すと良いです。

占い師にもよりますが、両手を出されればその段階で基本的なことをチェックしています。

中には、利き手を聞く占い師もいれば、手を組んだ時に親指がどちらが上に来ますか?と聞く占い師もいます。

年齢を聞く占い師さんもいると思います。

手相は写メなどの画像でも鑑定可能

私は利き手とか親指とかはどうでも良くて、とりあえず両手を見ることが多いです。

ただ、私は対面鑑定よりもメール・LINE鑑定が多い占い師なので、手相の画像を送って貰ってます。

手相鑑定は必要な画像が準備出来れば、対面でもネットでも電話でも対応出来る占いです。(出来ないという占い師さんもいるかもしれませんが)

私は画像をもとに鑑定をすることが多いので、必ず「両手」の画像を送って貰ってます。

でも、普通の対面鑑定ならば両手を差し出すだけで、後は占い師が必要な事を聞いてくれます。

ここまでが前段の準備になります。

手相占いが苦手とする相談内容

手相占いは「この人と結婚出来ますか?」「この会社に就職できますか?」「私に合った仕事が見つかりますか?」などの「どうなる?」という相談は苦手です。

それぞれの可能性は見ることが出来るので、その先にある未来も予測は出来ます。

でも、それが「この」具体的な相談に対しての未来かどうかは分かりません。

具体的な相談の場合は、相手との相性や適性、タイミングまで見ることが出来れば手相占いでも可能ですが、そのものずばりを出すのは難しいです。

でも、相談者のことを占っていく中で、どうすれば良いかは見えてきます。

占いの結果と現実に見えていることのすり合わせに開運がある

何か悩み事や相談事がある場合、その悩み事の壁になっている意識や行動があります。

手相はその問題の原因を教えてくれます。

相談された内容の軸になる部分を明らかにしつつ、相談者の現状と希望をすり合わせることで、解決法が見えてきます。

たとえば、人から勘違いされやすいという悩みがある場合、思っていることが相手に伝わっていないことが多いです。

これは手相に出ます。

こういう人は自分の考えている事を相手に伝えるようにすることで、良くなっていきます。

手相は「その人の生きやすい生き方」を現している

でも、人には感情がありますし、考える力があります。

自分で良かれと思っていることが、自分の本質とズレてしまうこともあります。

その結果、うまくいかなくなっていることがあります。

そこを修正していくと、うまくいきやすいということでもあります。

また、手相にもそういう風に出ています。

手相は本人と現状とのずれを暗示して、何をどういう風に方向修正したら良いかを教えてくれることが多いです。

だからこそ、出会える?仕事が見つかる?という相談をしたいときにも、望んでいる出会いや仕事を明らかにしながら占う事で、可能性を示唆してくれます。

占い師によって話を聞く人と鑑定結果優先の人がいる

対面鑑定の場合はリアルタイムでやりとりが出来ますから、現状を伝えつつ鑑定結果とすり合わせをしていくと、更に効果的に鑑定を受けることが出来ます。

ただ、こういう鑑定は占い師によってやり方が違う事も多いです。

一方的に鑑定結果だけを伝える占い師もいるので、この辺は難しいです。

短い鑑定時間の場合は1つだけ聞く

10分鑑定などの短い鑑定の場合は、聞きたいことそのものずばりを聞くしか無いです。

聞くことが出来るのは1つぐらいです。

その質問は結婚出来ますか?とかではなく、結婚するために何を大事にしたら良いですか?という生き方について質問する方が良いです。

結婚出来ますか?という相談の仕方は、手相鑑定が得意とするところではありませんし、「結婚は無理です」と占い師に言われようものならどうにもなりません。

実は「結婚は無理」というのは、占いでは分からないです。

無理な可能性が高そうというのは分かりますが、100%ではありません。

結婚を望んでいる人なら、大丈夫な可能性を引き上げるのが占い師の仕事です。

だからこそ、白か黒かではなく、どうしたら白に出来るかという相談の仕方が良いです。

占いの時間を30分~に出来るなら細かくやりとりをする

30分以上の時間を確保出来る場合は、占い師に「相談する感じ」が良いです。

相談とは
1.聞きたい事
2.これまでの経緯
3.現状
4.希望

これらを占い師に伝えます。

ここで占い師との相性が出てくるのですが、これらの内容について聞いてくれる・聞き出してくれる占い師さんの方が良いと思います。

相談内容だけで無く、背景や現状、希望などを聞く占い師の良さ

手相を見れば大体の傾向が分かります。

でも、これまでの経緯・現状・希望は占い師側にとって「聞かないと分からない」です。

相談者が欲しいのは手相鑑定の結果ではなく、「今の自分に必要な鑑定結果」のはずです。

今のあなたに必要な鑑定結果を引き出すためには、今のあなたの状況が分からないとどうにもなりません。

聞きたい事を最初に伝えることは、相談者自身のために大事です。

でも、それだけでは足りません。

自分の状況を占い師に説明することで、自分自身も初めて自分の状況を理解しつつ、占い師の言葉を受け入れる準備が出来ます。

やりとりの少ない占いの結果は、自分で理解するしかない

やりとりをしない占い師さんもいます。

相談したいことを伝えたら、相談者の話は最小限で、こうなる・こうしたら良いという感じで結果を答えます。

どちらが良いかは相談者の好みだと思いますが、私の好みは「わたし用に調整された答え」が知りたいです。

占いでよくあるのが「適職はお医者さんが良い」というのがあります。

これが占いの結果だけを伝えた場合です。

わたし用に調整された答えとは、過去・現在・未来の現状に合わせて「人をサポートするような仕事が良い」となるかも知れません。

どちらが良いかは相談者次第ですけど。

占い師によっても、鑑定時間によっても、受け方が変わる

短時間ならとにかく相談事に対する答えを引き出すための鑑定です。

それなりの時間を確保出来るならば、相談したいことを中心にして、自分の生き方を鑑定してもらうところから始めて行くと良いです。

自分の生き方とは、目の前の状況に対してどのように受け止め、どうしていったら良いかの目安になります。

もし手相の鑑定を誰かに受けるならば、こういうことを意識して鑑定を受けると効果的です。

タイトルとURLをコピーしました