引越しに悪い時期(運勢)や凶方位に移動をすると、その後はずっと悪くなるの?

九星気学・方位学の凶方位

引越しの時期が運勢上悪かろうが、方位上で凶方位であろうが、その後の人生が「ずっと」悪くなる事はありません。

吉方位や凶方位を占っている占い師が言うのですから、きっと間違ってません(笑)。

ここでポイントになるのは「ずっと悪い状態が続くのか」です。

運勢上悪い時期に引っ越しをするということは、悪いタイミングで物事を始めることを意味します。

悪いタイミングで物事を始めるのであれば、順調に物事が進むわけはありません。

でも、順調に物事が進まないから「ダメになる」というわけではなく、大変さがマシマシになる可能性が高まるだけで、大したことはありません。←敢えて大したことはないと言ってます♪

もう一つ、良いタイミングで物事を始めても、「大変さが無くなるわけじゃない」ことです。

タイミングが良かろうが悪かろうが大変なことは大変ですし、スムーズなことはスムーズに進みます。

タイミングが悪くても全部がダメになることはなく、良い事もあるし良い所もあります。

凶方位に引っ越しても運勢と同様で、タイミングが悪いことを教えてくれています。

でも、それで全てがダメになることはないです。

だからこそ、タイミングが悪い時に何かをするなら、如何にして「良いところ」を引き出していくかで、人生の困難さが軽くなっていきます。

占いが教えてくれるのは「予測であり可能性」です。

引っ越したからダメになるとか良くなるとかは現在の先にあるので、今選んでいる事が引っ越した後にも強く影響を与えてくることになります。

占いの結果として「最悪だ」と言われたとしても(私は言いませんが)、その選択した本人が快適に楽しく過ごせるようにしていけば、問題無しです。

これが「占いを活用する」です。

占いで何とかしようとしても、現実に影響を及ぼすことが出来るのは、現実だけですから占いで何とかしようとしても無理があります。

占いの結果が良くても悪くても、人は少しでも未来を良い形にするため、少しでも自分や家族に合う選択をするものですので、それをもっと意識的に取り入れていきます。

現状を良くしていこうとしていく方が良い感じになりやすいです。

「良くする」というのは当たり前に見えますが、意外に条件や状況に縛られて大変な選択をしている人も多いです。

悪い状況におちいらないようにするためにも、現実面で「良いところ」を優先し、そこに引っ越すようにしていくと色々と安心ですし、わくわく出来ます。

出来れば金銭的な負担は現状維持か下げられる方が好ましいです。

占いの結果が悪い時は「人生の逆風」を教えてくれています。

逆風になるかもしれない時は、少しでも負担を軽くしておけば、気軽に過ごすことが出来ます。

問題も起きにくくなりますし、うまく回避出来る可能性も高まります。

逆風といわれたけれど結構大丈夫という人には、こういう感じでうまくスルーしています。

占いを受ける価値はこういう所にあります。

この先の未来が良いか悪いかを知ることで、今から先の選択を調整出来るようになります。

やろうとしている事が逆風になるなら、逆風でも耐えられるように、何だったら逆風を楽しめるぐらいに整えられるチャンスです。

結果的に運勢が悪い時期でも方位が凶方位でも、それが全てでは無く、ずっと続くわけでもありません。

ただ、何も考えずに選択・行動をしてしまうと難しい未来になっちゃうかもなので、その辺は気をつけてください。

あれ、これちゃんとタイトルの答えになったかな。

運勢が悪い時や凶方位に引っ越した後、悪いことがずっと続くことは無い理由を言っていないかも。

ずっと悪いこと、全部が悪いことになることはありません。

運勢が良い時や吉方位に引っ越した時に比べれば、悪いことの方が多いかも知れませんが、良い事がゼロではないです。

このゼロでは無い良いところを出来るだけ引き出しやすい環境を整え、良い方を優先して活用していくことで、現実は悪いことよりも良い事が増えていきます。

だからこそ、「ずっと続くということは無い」とお伝えしてきました。

これで大丈夫かな。

0
タイトルとURLをコピーしました