引っ越したいけど吉方位に家が無く、凶方位にしか家が見つからない時は引っ越したらダメ?

九星気学・方位学の凶方位

気学・方位学などで引っ越しの方位を占うときも、他の方位の占いでも同様ですが、「凶方位には引っ越したらダメ」というのが基本にあります。

方位占いで凶方位を示す場合、それは「その方位へ引っ越すタイミングでは無い」という意味合いも含みます。

方位占いは、一つの方位がずっと凶方位になることはなく、時の流れで吉方位にもなりますので運勢を現しているとも言えます。

このため最初にお話した通り「凶方位になるなら引っ越してはいけない」という答えになるわけです。

でも、人生はトータルバランスです。

何かが悪くても他の何かでカバーが出来、トータルで幸福度が高まるのであれば、その選択肢は有効な選択の一つになります。

ただし、方位の吉凶が気になって仕方が無い人は「凶方位でなくなるまで引っ越さない方が良い」以外の答えはありません。

何かが気になって仕方が無い人は有効な代替案があったとしても、「それでも凶方位は変わりませんよね?」となり、その後のトラブルの原因を凶方位にしてしまう可能性があります。

凶方位のせいにするのはしょうがないですが、現実の対処が遅れてしまうと大きなトラブルを引き入れる可能性が高まります。

でも、方位の吉凶は気になるけれど、他に何かあるなら検討したいというぐらいの感じなら、出来ることが増えます。

引っ越しを考える時は、引っ越しの必要性があるからこそですので、様々な必要性が行動の背景にあります。

引っ越し先は凶方位でも方位占い以外で全体を占ってみると、「引っ越すこと自体は良い」と出る場合もあります。

占い師に相談される時の最初の想いは「なんとか引っ越したい」にあることが多いですが、「引っ越しに及んだ背景」によっては、引っ越すよりも必要なことが出てくる場合もあります。

また、引っ越す方位などに構わず、可能な限り早く住むところを変えた方が良い場合もあります。

ポイントになるのは「引っ越し」そのものではなく、その人自身が置かれている状況や予定・希望です。

引っ越しもその人の判断の一つですが、「どうして引っ越そうとしているのか」によって選択肢が変わります。

この背景を明らかにしつつ、最善の未来への選択肢を提示していくのが占い師の仕事です。

結果的に、凶方位の引っ越しでも、良さそうな物件・目的にかなう物件がありそうなら引っ越しても良いとなることもあれば、時期をずらして他の事に専念したほうが良いとなることもあります。

「引っ越したい」という想いが何かの拍子に占いに繋がったということは、それは運良く引っ越すということよりも、自分と向き合い方向性の確認のタイミングなのかもしれないです。

占いは人生相談に拡がっていくのが普通で、根っこで気になっていることに対処をするタイミングだったりもします。

凶方位にしか家がなくても状況によっては引っ越して良い場合もありますし、引っ越さない方が良い場合もあります。

占いも一枚岩ではなく、様々な見方を通して最善を導き出す手法もあるので、「凶方位は気になるけれど、最善の方が良い」という人ならきっと良い選択肢が見つかります。

3
タイトルとURLをコピーしました