大凶方位の引っ越したけど大丈夫!

九星気学・方位学の凶方位

大凶方位に引っ越しをする(した)けど大丈夫な人はいます。

占い師の中には「大凶方位に引っ越せば問題が起きるもの」として認めない人もいるかもしれませんが、実際にある話です。

大凶方位に引っ越したけど大丈夫というのは主観ですが、この本人の感覚こそが大事です。

相談する人に実感はないけど、第三者からは大凶方位の影響を受けているように見えたとしても、それは関係ありません。

極端な意見にみえますが、結局、占いは個人の意識・感覚と直結します。

大凶方位に引っ越しても大丈夫かどうかは、過去と現在で見えてきます

大凶方位に引っ越しをする(した)けど大丈夫というケースの確認の仕方は、事前に分かる場合もあれば、引っ越しをすることが決まってからでないと難しい場合もあります。

方位の影響は吉方位であれ凶方位であれ、予定を立て始めた頃から影響が始まっています。

大凶方位に引っ越しをするならなおさらです。(吉方位の引っ越しも同じ)

このため、方位の影響を受ける人(実感出来る人)なら、大凶方位に物件を探し始めたぐらいからごちゃごちゃし始めます(または既にごちゃごちゃしています)。

その後、大凶方位に物件を確定し、引っ越しをする段階でいろんな話が二転三転してしんどくなります。

このあれこれ起きる状況は凶方位の強さ次第である程度判別出来、弱い感じの凶方位ならそこまでしんどくならないです。

いずれにせよ、凶方位であっても全く悪い感じにならない、いろいろと順調で今までで一番良いぐらいという状況なら、あまり気にしないでも良いです。

過去の引越しが一番分かりやすい

過去の引越しが大凶方位で引っ越し前後からしんどいことがあったなら、方位の影響を受けている可能性が高まります。

一方で過去の大凶方位の引っ越しにも関わらず、日常的なストレスはあっても順風で幸せだったなら、方位の影響についてそこまで心配しなくて良いです。

過去の引越しを忘れてしまった場合は、この先の事でも良いです。

大凶方位に引っ越しの影響を受けているなら、物事がおかしな感じに動き出します。

分かりやすいのは人間関係です。

これまでと人間関係が変わり始め、それで消耗し始めている場合は要注意です。

逆に問題も無く順調ならば、大凶方位の影響の実感はないということになります。

占い的には大凶方位なら止めた方が良いが、大事なのは

現実に問題が無いなら、わざわざ占いにお金を掛けなくても良いです。

余計な情報を知ってしまうことで不安が強まりますし、自分で自分を不幸にして良い事なんてありません。

占い師の中には依頼されれば何でも占う占い師もいれば、必要が無いのに占うことはないという占い師もいます。

どちらにも一長一短あり難しいのですが、私は「どうしても占っておきたい」という人なら占いを受けた方が良いと思っています。

その例が、実際にあれこれと気になる事が起きている場合と、相談者自身がしっかりと現状を把握しておきたい意思がある場合です。

凶方位の影響は実感がないなら無いのと同じですが、それでも状況把握のために知っておきたい、何かの時には対処しておきたい人がいます。

そういう場合には占いが役立つことも多いのですが、そうじゃない人は時間が経てば忘れることが多いので、時間の経過に任せれば良いです。

占いには根拠となる現実が必要

今回の凶方位の引っ越しが大丈夫かどうかは、相談される方が既にうすうす感じていたりします。

実感がある人は凶方位に引っ越すことになっても、何とか調整していけます。

それは結果として凶方位に引っ越しても、大丈夫にしていける可能性を持っていることになります。

方位の影響の実感があるなら、方位の影響で対処をしていけば良いからです。

実感がないけれど気になって不安定になる人にも役立ちますが、こういう人は生き方の軸を調整する方が先です。

大凶方位だからというよりも、その時々に振り回されてしんどくなっている可能性があるからです。

そういう人は方位もそうですが、運命・運勢を調整するところから始めると安定していきます。

いつも読んでくださってありがとうございます。

1
タイトルとURLをコピーしました