凶方位を相殺する、不運を回避する手法

凶方位の相殺、不運の相殺、衰運期(厄年や天中殺など)の対処は、一つの占いの基準だけでは解釈・対応が難しいです。

凶方位に行くのに凶方位の影響を「無しにする」という考え方が無いからです。(方位鑑定の基本的な事は「引っ越しの方位鑑定を受けるポイント」にまとめてあります)

凶方位の影響は凶方位に行くことそのものよりも「その選択に至った経緯」が大きく影響してきます。(これを知らない人が多いです)

このため凶方位に行くという結果だけを見て、未来を予測すると偏った感じになります(未来予測の精度を上げるために「経緯」が重要になります)。

一方でこれらも全部含めた「運」から考えていくと、凶方位や不運、運勢が下がる衰運などに対処出来る方法があることに気がつけます。

特別な手法では無く、運を上げるのに良い事を取り入れていくだけです。

運が悪くなるなら運を良くする

運が良かろうが悪かろうが、凶方位に行こうが吉方位に行こうが、嫌なことも良いこともあります。

「出来事」は自分の状況に関わらず起きるもので、たとえ家でじっとしていても外から舞い込んできます。

出来事が起きることの対処は難しくても、起きる出来事に対処しやすくするために運をコントロールすることはある程度可能です。

運を良くするのは占い師によって様々な手法があります。

私なら吉方位旅行などの移動で運を上げる、住む家の家相を整える、自分自身の運を良くするために自分の生き方を整える、所有するもので運を調整する開運グッズで厄を祓うなどです。

これで凶方位に旅行をしたり引っ越したりした運気低下を相殺出来るかについては、相殺出来ます。

もっと正確に説明するなら、相殺というよりも、起きる出来事に対して対処しやすくなる形です。

起きる出来事は防げなくても、起きた出来事に対処しやすくなる

「ある(凶)」ものに対して「ない」ようには出来ないけれど、「ある(凶)」ものに対して影響力を小さく(または無し)する感じです。

イメージとしては雨のようなもので、雨が降ることに対して雨を降らせないようには出来ないけれど、傘やカッパで雨にあたらなくて済むようには出来る感じです。

さらに雨が降ることを予測しやすくしてくれ、雨が降ったときのために備えることで、未来を変える(雨に濡れる)ことも可能になります。

雨が降ることが分かっていれば、その時は予定を入れないようにすれば未来が変わります。

予定変更が難しくても、雨が降る前提で予定を立てるなら過ごしやすさも変わります。

運が下がっても上げれば良い

この手法の便利なところは、凶方位に行ったら吉方位に行けば良いという思考でも大丈夫なです。

私はこれまでずっと、凶方位に行ったら吉方位に行けば良いというのではなく、凶方位に行った理由が重要、その理由に対処しない限り流れを変えるのは難しいとお伝えしています。

これは運命とその人の生き方(選択)を基準にして、凶方位という選択の結果を占っているためです。

でも「運」にポイントを置くと、運を上げるというので大丈夫です。

注意点は、凶方位に行ったら吉方位に行けば良いのは「運」という点では有効だけど、どの程度吉方位に行けば良いかは「状況次第」になることです。

私は凶方位へ引っ越した場合、相談者の状況にもよりますが、1年1回ぐらいの吉方位旅行(3泊以上100km以上)に行きながら、4年は続けたいとお伝えしています。

運気の上げ方は置かれた状況による

凶方位の場合、吉方位に行くことを含めて、家相を整え、運が下がる流れで起きる出来事に対処しやすくなるように、運を上げていく作業を積み重ねていきます。

凶方位でも不運でも運が下がるなら、運を上げてバランスを取る感じです。

この場合の運の向上は自然に起きるものでは無く、意識して起こしていきます。

「凶方位に行けばこうすれば良い」という単純な感じでは無く、その人それぞれに出来る事をやっていく感じです。

結果的にあれこれと起きたとしても、対処がしやすい状況で起きやすくなり、不運のように感じることがあっても、うまく収まっていきます。

運気を上げるだけでは足りない場合もある?

凶方位の影響で運気が下がったり、不運などでトラブルに見舞われる時に対処をしやすくしてくれるのが運気アップです。

起きる出来事を防ぐことは難しいとお話をしてきましたが、起きた出来事に対処するのがこれらの手法です。

では、起きる出来事は防げないのか?となりますが、ここで話が「凶方位に行くなら吉方位に行けば良いだけでは足りない」に繋がります。

「出来事」は起きて欲しくない出来事もあれば、起きて欲しいのに起きない出来事もあります。

このきっかけのほとんどは自分で作っています。

凶方位を選択する状態・思考・意識は自分にとって流れの悪い方に行く可能性を暗示しています。

問題が内在している状況で選択をすれば、運が良かろうが悪かろうが上手くいきにくい可能性を高めてしまいます。

これを少しでも防ぐために今やっている事、やろうとしている事などを占います。

その選択や思考が自分に合っているのかどうか、無理をしているのではないかなどを確認し、修正していくことで(起きる・起きない)出来事に変化が出てきます。

やることをやりつつ変化の実感を待つ

運気や運勢が下がる中で起きる出来事は突然では無く、そこに至るまでに時間が掛かっています。

勘の良い人なら何かを感じていてもおかしくない程度には時間の経過があることも多いです。

運気・運勢の低下に対処をしても、すぐに改善されない場合は時間を待ちます。

物事の変化には小さい出来事の変化は気がつきやすいですが、それなりのものは最低限3ヶ月程度は必要になります。

やることをやり始めたなら、変化に意識を向けつつ、目の前の事に取り組む方が効果的です。

本当の凶、本当の不運とは、対処が出来ず落ちていくしか無いものです。

これを少しでも避ける事が出来れば、1年後は随分と変わっています。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧