凶方位が怖いときは、行くのを止めるのが一番良い?

九星気学・方位学の凶方位

占いが気になり始めると、「悪い」と出たことをやるのが怖くなります。

凶方位に旅行、凶方位に引っ越し、怖くなると行く事が難しくなってきます。

無理をして行っても、何かあったときに「やっぱり凶方位だったから」みたいな考えになりやすいです。

これは方位占いをする占い師でも起きますが、こういった「凶方位に行ったから」という理屈を私はほぼ否定しています。

凶方位の可能性はあるかもだけど、それ以外の原因が無いはずがない

目の前に起きている現実は「たった一つの何かが原因」ではなく、積み重なった結果「このタイミングで起きた」というケースが多いです。

凶方位そのものよりも、準備不足や無茶が原因の場合も多いです。

これらも占いを進めていく中で、現実とすり合わせるとはっきりします。

凶方位は無理が出やすいので、どこかに無理をしていないかどうかを明らかにします。

運気的な部分で下がるという心配はあるけれど

運気が下がるなら上げてやるようにすれば、対処がしやすいです。

ただ、なんでもかんでもやった方が良いのではなく、いろいろと実感をするようになってからのお話です。

占いは転ばぬ先の杖的な使い方も出来ますが、無理に気にしない方が良いです。

何かの拍子に「なんでこんな事をやっているのだろう」となる可能性が高いからです。

だからこそ、「これは何とかした方が良い」と感じ始めてからでも遅くないです。

こういう感じの手法や考え方は現実に合わせた占いの活用方法になるのですが、中には「とにかく凶方位が怖い」という人もいます。

とにかく凶方位が怖いなら止めた方が良い

凶方位を避ける唯一の方法は「凶方位に行かない」です。

それ以外の手法は凶方位の影響に対処して他の影響を取り入れることは出来たとしても、凶方位の影響を無しにするものではないからです。

凶方位が怖い・不安になる人でも、凶方位は避けられなくても、どんな対処をすれば良いか分かれば大丈夫な人もいます。

こういう人は行く先の目的が明確です。

占いの結果を理解出来るけど、私が行かないと(引っ越し・旅行)だめな理由がある感じです。

大きな運として自分の内側からわき出てくる部分があり、それは自分に合った選択をするときに引き出されてきます。

何かあっても「それでも私は行きたい」時に味方をする運もある

様々な状況から行く必要があると分かる場合、実際に何とかなっているケースが多いです。

でも、引っ越す(旅行をする)目的が曖昧な場合、占いに振り回されてしまう傾向があります。

こういう状態で凶方位が気になるときは、どんな理屈をつけても難しいです。

心の問題なので、凶方位に行っても確実に大丈夫という保証がないと、不安がついてまわります。

全てにベストタイミングはまず無い

ほとんどの場合は、何かで凶を取り、何かで吉をとっています。

凶方位を避けて方位は良いかもしれないけど、他の部分で止めた方が良いケースもたくさんあります。

占いの中でも、吉と凶が相反することはたくさんあることから、凶方位は避けても他で凶をとっています(凶を「とっているかもしれないではなく、とっている」です)

結局、何を選択し、何を諦めるかという世界です。

これも凶方位が怖い人には屁理屈にしかならないので、結果的に「凶方位に行かない」が最適な答えになります。

「本当にそれで良いの?」という自問

結婚を占って貰うケースと似ていて、占い師に「今は結婚はやめておいた方が良い」と言われて、やめてしまう人がいます。

その結果、ずっと後になって、「あのときに結婚しておけば良かった」という様な事が出てくることがあります。

結婚をするかしないかが問題ではなく、「本当にそれで良いの?」という問いかけが大事という意味合いです。

全てにおいての正解が無いなら、「これだけは手にしておきたい」ものをハッキリさせることです。

それが無いと、どんな選択をしても後悔しやすくなります。

0
タイトルとURLをコピーしました