転職や就職で吉・凶方位を気にするのは一番最後

大凶方位の影響と対処のお話一覧

明日から新しい職場で働く!という人もいるかもしれません。

方位や占いが気になる人の中には、凶方位で就職が決まったけどやっていけるだろうか、大丈夫だろうかと悩む人がいます。

でも、就職や転職で方位を気にする前に、必要なことがあります。

私が就職(転職)関連のご相談で吉凶方位を占う場合は、相談者が選択に迷っている時です。

吉方位で就職をした方が良いのでは?と思ってしまう気持ちは分かりますが、優先順位をまずはハッキリとさせます。

吉方位よりも会社を選んだ理由とその相性の方が大事

なぜその会社や仕事を選んだのか、です。

相談者が持っている本質に現実(選んだ会社や仕事)が近いかどうかによって、今後の善し悪しが見えてきます。

「相性」の話をあまりすることはありませんが、会社や仕事の相性が良いとは自分の性質にマッチしていて働きやすいことを教えてくれます。

調子が良いときは、かみ合うものがかみ合っているからこそ、うまくいきます。

占いは調子の良い状態を再現するために、必要な選択肢を明らかにしてくれます。

方位の吉凶もその目安の一つになりますが、そもそも選択しようとしていることがどうなのか?が抜けると、おかしな感じになっていきます。

就職・転職の吉方位・凶方位はタイミングをみるため

就職・転職を占う時は方位の吉凶の前に、まずは「やろうとしていることと人生の一致度」を見ていきます。

やろうとしていることが相談者に合っているなら、吉凶方位はタイミングの善し悪しを教えてくれます。

また、どの会社を選ぶか迷っている時にも、方位の吉凶が役立ってくれます。

これが逆転して、最初に吉方位で探してしまうと、自分に合った会社や仕事で選ぶのでは無く、「吉方位だから良い」という感じで選びやすく、後で後悔に繋がる可能性を高めます。

吉方位は方向性を教えてくれるけれど、自分に合っているかどうかはその都度チェックする必要があるからです。

吉方位も他の占いも求めている答えは「自分に合っているかどうか」

私自身、昔は吉方位で探したほうが良いとお話をしてきました。

何か目安が欲しい人には役立つ目安ですが、吉方位というだけでは意外に求めているものが見つからないです。

その理由の一つは「何が自分に必要なのか」が分かっていないためです。

何が必要か分かっている人は、相談される時もその会社を選んだ理由がハッキリしていますし、その上でどうしたら良いかと相談されます。

それを元に占っていきますので、出てくる答えもその人に必要な答えになります。

方位の吉凶よりも、優先順位を明らかにして必要なものを知る

迷走しながら何かを探す手間を省くため、最初に「自分は何を望んでいるのか」という優先順位をハッキリさせます。

望んでいる事とその人の運命をすり合わせし、その上でどうしたら良いかを明らかにすることで、求める答えが出てきます。

これを元に仕事を探して頂く方が、良い選択が見つかりやすくなります。

求める会社・仕事を明確にしたら、自然と選択肢も明らかになっていきます。

必要な目安を明らかにする中で、いくつか該当するものが見つかったときに、初めて方位の吉凶が意味を持ってきます。

方位の吉凶を気にするなら、求めているものが見つかって、それでも目安が欲しいときです。

他に選択肢がないという場合は、占うよりも気合いを入れて頑張った方が上手くいきやすいです。

いつも読んでくださってありがとうございます。

4
タイトルとURLをコピーしました