調子が良くない・いらいらする時に役立つ占い

自分でも頑張っているけど、どうも調子が良くない、精神的に重たい、不安が強くなったりいらいらしたりということがあります。

まずは身体的・精神的な問題を疑い無理をしていないか、病気になりかけていないかと疑い、状況に応じて病院に行くのが一番です。

一方で環境から影響を受けている可能性もありますので、こういう時に占いを使うと、環境から受ける影響の度合いが見えてきます。

人はお月さんの影響を受けますし、気圧の影響も受けます。

新月や満月付近になると精神的に不安定になったり調子が悪くなる人がいます。

気圧の低下で調子が悪くなる人もいます。

土用期間で不安定になる人もいます。

強い磁気嵐がある場合などでも、調子が微妙になる人が出てきます。

不安定な時期には占いの相談が増える

何となく不安定な感じ、不安が強くなる感じ、普段は気にならない事が気になってしまい、その出口を求めるために相談されます。

この「環境の影響」をコントロールすることは難しいですが、環境の影響に自分を合わせる、あるいは流れに任せることは可能です。

吉方位や凶方位の影響もある意味で似ています。

吉方位や凶方位は外側から受ける影響に近いです。

ただし、内側から引き出す影響もあるため、ゼロか100かではありません。

吉方位を選ぶのも凶方位を選ぶのも、まずは自分の内側からの選択になるからです。

その選択の結果、外側から運の影響を受けるのが方位の特徴といえます。

現状をはっきりさせる

新月や満月、気圧の変化、磁場嵐などは周期などを含めて事前に知ることが出来ます。

影響力=実感があるかないかは人によって違うため、完全に個別ケースです。

季節の変化なども周期は出されています。

有名どころでいえば2月4日は立春で1月から2月への月替わりです。※年の変わる日でもあります

日時は国立天文台のデータを使っています。

季節の変化、時の流れは見えない部分から先に影響を与える

季節の変化・時の流れの変化は、人それぞれ影響の受ける度合いが違います。

これらの見えない変化が人の好不調に影響を与えているのでは?と考えるのが占いであり、仮説検証をしていくのも占いです。

実際のところ、新月・満月・気圧・季節の変わり目などは、「見えない形で人に影響を与えているケースが多い」と解釈しています。

普段は大して意識しないので、今の好調や不調の原因がよく分かりにくいことに繋がります。

見えない所から影響を受けている可能性を知る

もし見えない所にも影響が有り、そこに現状を生み出す原因がある場合は、環境に自分を合わせていくことで楽になることがあります。

新月や満月になると不安が強くなったり、いらいらしてしまう人もいますが、これも原因が分かればどうすれば良いかも分かります。

といっても何かが出来るわけではなく、どちらかというと大人しくする方が優先されます。

新月や満月の影響を受けて不安定になっているのであれば、その力に対抗しようするほど土ツボにはまります。

こういう時に不安定になっているのであれば、大人しくする方が良いです。

環境と時の流れに自分を合わせて行くことで改善していく

環境に自分を合わせるためには、今、どういう状況に身を置いていて、どんな影響を受けているのかを知ることです。

いまいちな状況には原因がいろいろとあると思います。

不健康な場合はそれ自体が原因になることも多いです(最初にお話をしたとおり、体調に問題があるなら病院が優先されます)。(参考:「健康運が大切なのでは無く健康であることが大事、全ての運は現実の健康から始まる。ただし」

体は大丈夫なはずだけどイマイチな時は、時の流れや運勢・運気の流れに逆らっていたり、その勢いに飲まれていたりすることがあります。

もし、この辺が原因になっているのであれば、それに合わせて行くように修正をすることで大分楽になります。

人は向かい風に向かって行くよりも、向かい風を避ける、追い風に乗っていく方が快適になりやすいです。

一緒に読んでみてください:「不安やストレスが強いとき、今はそういう時期かもしれない」

タイトルとURLをコピーしました