方位の影響の実感がないなら凶方位は大丈夫!でも、吉方位も効果が無い

凶方位が怖いという人がいますし、私もある意味でその一人です。

引越しのご相談で多いのは「凶方位のようだけど、どうしたら良いだろうか、影響を受けない方法はない?」です。

占い重視の占い師さんは「方位の影響は絶対だから、受けない方法は無理」という答えになります。

大事なのは占いの結果と現実が結びつくかどうか

でも実際には、吉方位・凶方位の影響の実感がない人もいます。

方位の影響の実感がないということは、理屈上、「方位の影響を受けていない」ということではありません。

方位の影響を受けていても、その実感がないという理解になります。

でも、この理屈は意味がないです。

凶方位が怖いのは、「現実に問題が起きるかも知れない」という怖さを感じるからです。

でも、実感がないなら、現実に問題も起きていないのですから(起きていたとしても実感がない)、方位の影響は受けていても「無い」と言えます。

ただし、方位の影響の実感が無いなら、吉方位旅行も効果が無い

「凶方位の影響の実感はないけど、吉方位の影響の実感がある」みたいな都合の良いことはありません。

凶方位の影響は受けたくないけど、吉方位の影響だけは受けたいというのも無理です。

占いは一定のルールに基づいて、そのルールの上で過去を評価し未来を予測しているので、変な話は出てきにくいです。

だからこそ、凶方位の影響がよく分からない場合は「方位の事は気にしなくて良い」という結果になるわけです。

そういう人が吉方位旅行をしますと言っても、効果的とは言えないので「やらなくて良いです」とお伝えします。

基本的に「方位の影響は全員にある」と伝えるのは商売だから?

商売的には「凶方位の影響は絶対、吉方位の影響も絶対」と伝えた方がお金になりますし、矛盾も無いように見えます。

しかし、占いそのものに「絶対」が無いのを考えれば、「方位の影響は絶対に受けると断定するのは無理」があります。

実際に方位鑑定をしている占い師さんなら、「方位の影響の実感がない人」に出会っているはずです。

この時にどう伝えるかです。

私は「方位を意識するほどのことは無いので、気にしなくて良いです」とお伝えしていますし、相談されている方から「吉方位旅行とかどうですか?」と問われても、「気にしなくて良いです」とお伝えします。

いつか実感出来る時があるかも知れませんが、少なくとも今ではありません。

こういう人は方位占いは効果が薄いので、今後状況の変化が無い限り気にする必要はありません。

吉方位の影響も凶方位の影響も「絶対」では無いことを念頭に置くだけでも、選択の幅が違ってきます。

影響の実感が出てきてから考えても遅くありません。

少なくとも私はそうしています(笑)。

動画チャレンジ中↓

タイトルとURLをコピーしました