損をしてばかり、苦労ばかりの人生の人は気がついていないだけ?

運気をあげる方法

世の中、少しでも得をしてやろうっていう人がいる反面、損ばかり苦労ばかりと感じている人がいます。

すごいところもあるのですが、凄さを教えて貰えてない(教えて貰っても否定する)ので、ネガティブなことが目につきやすいです。

運が良い人、チャンスをつかむ人に多いのは「ついやってしまう」「つい引き受けてしまう」です。

損ばかりしている人、苦労ばかりしている人も同じ感じですが、受けている印象は真反対です。

運がよい人との違いは「人との関わり方」

運が良い人は「やらないことはやらない」ですが、やることはお節介なまでにやろうとします。

自分が大変になったとしても、貧乏くじを引かされることになったとしても、「やりたいからやる」という感じで一貫してます。

でも、ダメなものはダメっていう線引きもあります。

その線引きは人それぞれですが、大抵は「その人の感覚」です。

損得だけの判断ではなく、「この人になら力になりたい」感じです。

関わりたくない人に近づかない事も大事なポイント

運の良い人は好き嫌いがよく分かっています。

でも、関わりたくないからといって、関わらない選択肢が取れないときもあります。

やるからにはきっちりやる力を持ってます。

嫌なことを「いやいや」やることほど、自分を苦しめることを分かっているからです。

運がいい人と、苦労を背負う人は紙一重?

損をしてばかりと感じる人のポイントは、とにかく引き受けてしまうのは性分なので、自分が好きな人、力になってあげたいと思う人を見つける・気づくことを意識します。

好き嫌いを自分の中でハッキリさせる作業です。

次に「引き受ける」なら、好きでも嫌いでも覚悟を決めます。

運が良い人とやっていることは同じなのに結果が違うのは、腰が引けているからです。

頼んだ方も「引き受けたならちゃんとやれよ」って思うから身勝手です(笑)。

全力でやってると、頼んだ方も「忙しいのに申し訳ないな」ってなります。

でも、いきなりこれまで引き受けていたことや便利に使われていたのを断ると、「断る」という事自体が自分のストレスになるので、止めた方が良いです。

意識と行動を出来る事から変えていくと変化しやすい

上でお話したように、好き嫌いを自分のなかでハッキリさせるだけでも、後になって効果を発揮します。

将来的には嫌だと思っていることを断れるようになるかもしれません。

これまでのように「嫌だ嫌だ」と思っていても、流れに身を任せている状態では苦しいままです。

現状はすぐに変えられないけれど(急激に変えると、しんどくなるので)、意識とやり方を変えるだけで、どこかの段階ではっきりとした行動が出来るときが来ます。

損ばかり、苦労ばかりの人は、何でも受け止めている可能性が高い

関わっていることを選別せずに、言われるがままに受け入れてしまうと、しんどいのは当然です。

それを意識的に整理して、自分が何をやっているのかを理解しようとすることで、損ばかりが得ばかりに変わっていきます。

だって、人に頼まれる、人に意識されるのは、それだけ自分に流れが来ている部分もあるからです。

それを上手に活用していけば、すっごく楽しい人生に変わっていきます。

まあ、忙しさや大変さは変わらないけれど(笑)、充実度は随分と違ってきます。

0
タイトルとURLをコピーしました