凶方位の引っ越しは距離が近いなら大丈夫?

方位学の引越し方位鑑定のポイント

「凶方位でも引っ越しの距離が近い場合、凶方位の影響は受けない?」という相談は多いです。

結論からお伝えすると距離が近いかどうかはあまり関係無いです。

ただし、現実の変化の少なさと方位の影響度合いの関係上、「凶方位の影響」だけでいえば近い方が小さいです。

問題があるのは凶方位の影響そのものよりも、凶方位を選ぶ事になった経緯が人生に与える影響の方が大きいことです。

凶方位になりそうだと気がついた時に、何とかしようとして安心出来る情報(「方位の影響は無い」という情報)をネットで探そうとするかもしれません。

方位の影響の有無は占わないと分からないですし、影響を実感しているかどうかも、占ってみないと分からないのが本当のところです。

ネットで探せば何かが見つかる気がしますが、ネットの情報を当てに(信頼)するのは難しいですし、誰もその情報があなたに合っていると教えてくれないです。

引っ越しの方位が気になる人は少ない

「占い」という言葉を知っている人は多いと思いますが、引っ越しの方位・時期が人生に関わっているかもしれないことを知っている人は、それから見れば圧倒的に少ないです。

だから、方位が気になって忘れられなくなって来たら、どういう状況にあるのか整理した方が良い時もあります。

気にならないようにしよう、目にしないようにしようとして出来る人なら、ネットで情報を探し続けることもありません。

吉方位なら「そんなものか」で終わるのですが、調べて凶方位だった場合、更にあれこれと調べて土ツボにはまります。

「自分のケースなら方位の影響を受けないんじゃ無いか?」と考えながら探しまくってたどり着くのが、「実は引越しの距離が近ければ大丈夫?」っていうもの。

引っ越しの距離が近ければ大丈夫と信じたいだけかも

方位の影響に関する解釈はいろいろとありますが、方位の影響があると見る場合、距離の長短は関係ありません。

ただし、距離の遠い近いの中でも特に距離が近い場合、実際どうなのかです。

ここで大事な事が出てきます。

方位の吉凶とは単純に吉方位・凶方位の影響だけじゃないことです。

凶方位を選ぶということは、凶方位の影響を受けるというだけでなく、「運気が下がる流れにある」ということです。

ここが抜けやすいです。

運気低下の影響が現実に出ていないかどうか

方位の吉凶だけならまだ良いのですが、運気が下がり始めているのが現実面でも出てきているようなら、「近いから引っ越しても良い?」の前に状況の把握が優先されます。

近場の引っ越しの場合、方位の影響だけの話なら、大凶方位の度合いにもよりますが、そこまで心配しなくても良いです。

問題は「なぜ今、その選択をするか」です。

その選択がどの程度必要なのか、どうしてそうなのか、それによって何がどうなのか。

私の占いでは「凶方位に引っ越しをすることになった原因をはっきりさせる」ことが多いです。

凶方位に引っ越しをする原因に対処が出来れば、トラブルを避けやすくなりますし、凶方位の影響を抑えやすくなります。

問題に対処する事で凶方位の影響を出にくくする

凶方位の影響を避けるとか、影響を受けないとか、それは気になる事ですが、対処はその人の現実の中にあります。

現実面で問題が出てきていない、現状ではまだ大丈夫といった状況の把握が出来ると、必要な事が具体的に分かってきます。

そこまで見て初めて「凶方位だけどチャレンジするだけの価値はあるよ」とか「これは止めた方が良いよね」という話になります。

凶方位の状態や距離だけで判断するのではなく、その背景まで占ってどうなのかです。

近いから方位の影響は考慮しなくても良いっていうことじゃなく、そこに至る背景を見つつ、引っ越しの距離の長短の影響を鑑定していく感じです。

結論として近い引っ越しなら大丈夫かどうかですが、今が大丈夫ならまず大丈夫だと思います。

問題を抱えている場合は近かろうが遠かろうが要注意です。

7
タイトルとURLをコピーしました