仕事がころころ変わることに問題は無い

占いをやっていると、仕事をいくつも変えている、定職に就きたいけれど続けられない人に出会います。

これまで占ったお客様でそういう傾向のある方すべてに「変えることこそが天性の素質」という部分を持っていることがわかっています。

まあ、言ってみれば、飽き性なんです(笑)。

飽き性なのに地味な仕事に就いたり、とりあえず入れるところに入ったりするからおかしくなります。

しかも、周りの目が気になって「ちゃんと継続出来るところで働かないと」と思ったりするから不安が強くなります。

でも、これは仕事の探し方から間違っている可能性が高く、仕事をころころ変えることもその人にとっては必要なシグナルになります。

「刺激」が必要だから環境を変えようとする

これは常に変化を伴うような仕事をした方が良い、ということでもあります。

ころころと変えるのは「仕事が出来ない」から変えるように見えますが、実際は出来ないのでは無く、やるだけの価値を感じられなくなっている可能性があります。

「仕事を選ぶのにそんな基準で良いの?」と思う人もいそうですが、今時、一つの仕事にかじりついてやらなければならないことも少なくなってきました。

ただし、仕事を変える事が良いとお話しているわけではないです。

仕事は変えない方が良いです。

その方が社会的な評価も高まりますし、何かと都合の良いのが今の日本です。

あなたに合うジャンルややり方を知る必要がある

仕事がころころと変わる人は「自分に合った仕事があるはずだ」と探している場合もあります。

自分に合った仕事があるのではなく、「自分に合った仕事のやり方がある」ということです。

これが分かってくると、事務職や単純作業のような仕事は合わない事が分かります。

たとえ「生活のため」と思っていても続かないのです。

それなら派遣業に登録するのも一つです。

派遣業の良いところは職場をあれこれと変えられるところです。

派遣業そのものものは自分の商品価値(労働価値)を摩耗してしまうので、自分自身の仕事のスタイルや好み(仕事のジャンル)が分かったら、そっちに移るように努力します。

もしかしたら独立した方が良い場合もあります。

独立は雇われて働くのとは違った面で大変ですので、どちらが良いかというのはありません。

変化を求める人は安定が苦手

常に刺激が必要で常に何かをやっていないと飽きちゃう(不安になる)ためです。

こういう人でも「安定」を望んで仕事を探したりしますが、それは根本が間違っている可能性が高いので見直した方が良いです。

常に刺激のある仕事のやり方、なんだったら2つ3つ仕事を重ねてみても良いです。

不安定に見えますが、その方がその人にとって「安定している状態」というのもあります。

落ち着かない環境を意識的に作り出すことによって、しっくりくる働き方が見つかりやすくなります。

【関連するまとめリンク】
「運・運気・運勢を良くする、幸運のつかみ方のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧