アメリカが北東・ヨーロッパが北西、アメリカが東・ヨーロッパが西、正しい方位の基準とは?

方位鑑定で良く出てくる話に「アメリカは北東なのか東なのか、ヨーロッパは北西なのか西なのか」があります。

私はロシア語の通訳をしていた関係で、あの広大な国をあちこち行ってました。

その経験と鑑定の実績からアメリカは東、ヨーロッパは西とみています。

でも、この基準が絶対だとは思っていません。

方位の影響の実感がある人じゃないと分かりにくいですが、この方位の影響ですら人によって様々なので、実際には「絶対」というよりも「傾向」を分析した上での鑑定じゃないと危ういとみています。

方位鑑定の占い師はどうも「絶対」という言葉を好む傾向がありそうです。

でも、方位鑑定を長年やっていると、そこには絶対はないなって実感します。

人によってアメリカが北東、ヨーロッパが北西となる?

私はこういった思い込みや感覚的な部分を出来るだけ排除するために、過去の移動を重視します。

海外のことが気になる人は、その多くが過去にも海外旅行(海外生活)をしているケースがあります。

占いの良いところは、過去を占うことで現実と未来を予測できる点です。

特に方位鑑定は顕著で分かりやすいです。

アメリカやヨーロッパなどの遠方であればなおさらです。

方位の影響は環境の変化の大きさに比例します。

私にとって大事なことはアメリカが北東だろうが東だろうがどっちでも良く、「何を目安にすれば方位の影響を活かし、そして避けられるか」です。

その結果、今の私のところに集まってくる情報はアメリカが東、ヨーロッパが西という基準であり、且つ、私のところに相談される人もその基準に当てはまっていることが多いです。

私はメール鑑定をやっている関係もあって外国に住む日本人の相談は、その辺の占い師さんよりは多いと思います。

このため使っている基準は、常に実態に合わせたものになっています。

実際には北東の人、東の人と分かれる

私のところにはアメリカが東、ヨーロッパは西という人ばかりですが、日本人全員を鑑定しているわけではないので、本当のところは分かりません。

確かなことは、その人の過去の移動を鑑定すれば、その人の実態が浮かび上がってくることです。

これをなくして、アメリカは北東、いや東だ、という話にメリットはありません。

方位が気になるなら「自分はどうなのか」というところから始めた方が良いです。

海外の方位はまずは過去の自分から知ることです。

そうすれば、自分にとっての目安が手に入ります。

大事なことは方位の基準は一律誰でも同じではないということです。

これが分かっていればいろんな情報に振り回されなくて済みます。

一緒に読んでみてください:
「海外からの吉方位・凶方位の基準をチェックする超簡単な方法」

【関連するまとめリンク】
「海外の方位が気になる人・海外で生活している人向けまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧