凶方位に旅行・引っ越しても大丈夫?吉方位に行っても何も変わらない?

九星気学・方位学の凶方位

大凶方位が怖いっていうけど、大凶方位に旅行・引っ越しても何も変わらないよ!

吉方位旅行・引っ越しっていうからわざわざ行ったのに、何にも変わらなかった!

というような声を聞くこともあると思いますが、実際にあります。

また、凶方位に旅行・引っ越したからと言って、本当は大丈夫なんじゃないの?

吉方位旅行・引っ越したからと言って何も変化は無いんじゃないの?

という声もあります。

占いの世界では現実をどのようにとらえるのか、私がどのように相談者に説明をしているかが、今回のメインです。

大凶方位や吉方位は気休めでしょうか?

吉方位・凶方位の影響を実感出来ない人もいる

方位鑑定を続けていると気がつくこととして、占いの結果に合わない人も一定数いることです。

この占いの結果に合わないとは、過去の引っ越しや旅行の吉・凶方位の結果と現実の状況についてです。

未来を占うために必要な情報は「過去どうだったか」です。

過去の占いをした結果、旅行や引っ越しの吉方位・凶方位の影響について実感がないケースがあります。

実感がない人にとって、今後予定している引っ越しや旅行の方位を気にする意味はあまりありません。

実感がない=吉・凶方位の影響は無いという理解で良い?

実感がないのであれば「その人にとって吉・凶方位の影響は無いのと同じ」という理解で良いと思います。

作用していないとは言えないのですが、実感がないのに「とにかく気にした方が良い」というのは乱暴すぎます。

実感がない人に実感を持って貰おうとするのも無理がありますし、そこまでのめり込んで良い世界ではありません。

他に大事なことがたくさんあり、占いの役割は「必要な時に使う」です。

実感がないのであれば必要ないです(必要とすることが出来ない)。

吉・凶方位の実感はないけど気になる人は、準備をしておく

「吉・凶方位の影響の実感はないけど気になる」という人もいます。

こういう場合、「気にしなくて良い」というのは意味がありません。

「こういう状況になり始めたら、こういう対処をすると良い」という備え方をお伝えした方が有益です。

影響の有無はよく分からないけれど、吉・凶方位が気になるのは分かります。

闇雲に不安にならないで済むように、状況に合わせて対処出来るようにしておきます。

ほとんどの場合、これで大丈夫です。

吉・凶方位の実感の有無は別にして、気になっているときが一番不安な時ですが、のど元を過ぎると大丈夫になってきます。

対処の仕方だけ分かっておけば、いつの間にか忘れていたという人もいます。

大凶方位の引っ越しや旅行で怖がりすぎず、吉方位で期待しすぎない方が良い

吉方位や凶方位の実感の有無は占ってみればすぐに分かりますが、占ってみないと分からない事でもあります。

自分自身の過去の事なので、実際に何か起きていれば、言われれば思い出しますし気がつきます。

実感がある人はそれが大凶方位でも吉方位でも、今後に活かしていくことが出来ます。

実感があるということは、吉方位・凶方位の影響を行動の目安に出来るからです。

実感が無い人は大凶方位であれ吉方位であれ目安に出来ないので、上手に利用することが出来ません。

それだけの違いです。

0
タイトルとURLをコピーしました