相性が最悪と鑑定をされて不安になったら

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

私に相性鑑定を依頼されるケースについて、今回はお話を用意しました。

ちなみに「相性鑑定をご依頼されるケース」というのは、「あの人と結婚できますか?」とか、「あの人は私を好きになってくれるでしょうか?」というご依頼ではなく、「○○とうまくやるにはどうしたら良いですか?」とか、「○○とはどういうことを気をつけて接すれば良いですか?」っていうご相談です。

「好きになってくれますか?」とか「結婚出来ますか?」とかは、占いの結果に縛られやすく、自分で自分の首を締めているようなモノなので、一度本当に求めている事を考えていただく様にしています。

その中で良く出てくるのが「今までに相性最悪と鑑定されることが多い」とか、「自分で本などで見ても相性が悪いって出てる」というケースです。

相性については「相性が抜群」とか「相性が最悪」というのは、それだけで結婚がうまくいくとか、結婚出来るとかを表しているわけではないです。

相性が抜群であってもうまくいかない時はうまくいかないです。

相性が最悪でもうまくいくときはうまくいきます。

「相性はいうほど大切ではない」ということです。

いろいろと気になるから「相性を知りたい」と思うわけですが、相性が良かろうが悪かろうが、うまく行く人はうまくいきますし、行かない人はいかないです。

相性が最悪と占われたとしても、「ふ~ん」ぐらいの反応で十分です。

ただ、相性を知ろうとすることが役立つケースがあります。

それが「○○に対して、どうにかしたい!」という想いを持っている人、「良い関係を作っていきたい!」と思っている人が、お互いの相性を知ろうとする場合です。

相性鑑定の中身はどうなっているかと言いますと、二人のそれぞれの資質を占っているわけです。

それぞれの持つ資質を鑑定し、この二人のどの部分の資質が合い、どの部分が合わないのかを明らかにしていきます。

これが「相手を知り、自分を知る」相性占いです。

人によって出来ること出来ないことがありますが、相手のことを知り、自分の事を知ることが出来れば、どういう風に接していけば良いかが見えてきます。

好きな人、結婚相手がアウトドア派だったとします。

ところが、自分はインドア派だとしましょう。

こういう二人の相性鑑定をすると大抵、かみ合わない二人ってなります。

外に出たい人と、家にいる人では、なかなか合わないです。

この二人がうまく行くにはどうしたら良いかを占うのが占い師の仕事です。

アウトドアな相手には相手の世界で楽しんで貰う、インドアな自分は自分なりに楽しむ、そして、お互いの無理のない部分はお互いで楽しむ、という感じで線引きをするわけです。

二人の重なっている部分、重なっていない部分を明らかにし、距離感のバランスをとります。

こういうのを無視して、相手に合わせようとしたり自分に合わせようとするから、うまくいかないのです。

相手と自分の事を知っておくのは、とても大事な事です。

距離感が保てることで、お互いに自然でいることが出来ます。

良好な関係を築くことが出来れば、相性が最悪と言われた相手であってもうまくやっていけます。

そのためには二人の協力が必要ですし、意識も行動も必要です。

相性最悪と言われて暗い気持ちになっている人は、心配しなくて大丈夫です。

相性最悪というのは、ある意味で両極端の二人ってことですから、それを理解しお互いの距離を大事にすれば、仲良く過ごすことが出来ます。

恋人同士になる、結婚するというのは、とてもご縁が濃いものですから、単純に相性が悪いからどうのこうので判断するのではなく、もう一歩先に踏み込んでみると、意外と違う世界が見えてくるかもしれないです。

0
タイトルとURLをコピーしました