夫婦や職場の人間関係に疲れた時に占いが教えてくれる事

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

人間関係を占う時には2つの方法があります。

1つは現状から今後を占っていく方法、もう1つはその人の資質から状況を変えていく方法です。

私は後者の方を得意としており、生き方を占う中で鑑定をしていきます。

タロットなどでも可能ですが「現状からどうなるか」よりも、「自分でどうしていけば良いか」という方が精神的にも楽だからです。

もちろんタロットにも自分がどうしていけばっていうのは分かるのですが、「内田が得意とする」という意味合いになります。

「自分がどうしていけば良いか」が分かってくると、自分の中で整理と行動が伴います。

タロットでも到達点は似たような感じになるのですが、総合的にみていく手法ですと、常に自分の中に軸を持つことになるので、私は好きです。

しかも効果的♪

総合的に占うなら西洋占星術や紫微斗数などを使うことで、状況の把握が楽になります。

この状況の把握とは「相談者自身がどういう人間関係を意識したら良いのか」に繋がります。

人によっては周囲を引っ張る意識で行動した方が良い人もいますし、あまり徒党を組まない方が良い人もいます。

大抵は無意識にやるものなので、うまくいっている時は良いのですが、そうじゃないときにストレスが強くなり人間関係に悩んでしまうことに繋がります。

人間関係の相談は、職場関連と夫婦関係が多いです。

相手の生年月日が分かれば、ある程度の接し方や距離の取り方、相手の考え方などが見えてきます。

人間関係を良好にする秘訣は相手と自分のことを知る

相手が粘着質だって分かっていれば、意識的に離れたりしますよね?

元気な時は良いけれど、そうじゃないときは出来るだけ早めに離脱したりします。

相手の資質を知ることは、人付き合いの中でも時間がかかる上に、よく分からないものです。

そのよく分からないところを占いである程度明らかにしていくことで、今の状況がハッキリしてきます。

また、相手を知ると同時に自分自身の「立ち位置(振る舞い方)」を知ることも大事です。

「自分はこういう人間だからこうすれば良いんだ」って分かっているかどうかで、随分と人生に違いが出てきます。

考え方・行動の基準があると楽

感覚や何となくで反応するといろいろと難しいですが、目安があるとどうしたら良いかが分かりやすいです。

しかも、それは「自分」を基準にしているので、良い目安になってくれます。

占っていくとご自身にも思い当たるところが出てくるので、大抵は吹っ切った感じになっていきます。

今までごちゃごちゃしていたことが急にすっきりして、複雑だと思っていた人間関係も楽になっていきます。

人との付き合い方を客観的に知っていくことで、新しい人付き合いが出来るようになることもあります。

疲れてどうしようもないときは、基準を手に入れるとまた新しい流れが生まれます。

0
タイトルとURLをコピーしました