運気アップをしても、現実が良くならない理由?

運気をあげる方法

運気アップをするなら、10倍の行動力で願いが叶いやすくなる」の話に関連するのですが、運気アップをめちゃめちゃがんばって運気を上げたとしても、望んだ機会が舞い込むとは限りません。

これは運気を上げることが目的になっているので、運気が上がったことで目的が達成されているからです。

ここが盲点になっていることがあります。

吉方位に引っ越したら良い、運気の良い場所に住めば良いと考えるケースが多いですが、運は良くなっても現実は変わらないことがあります。

特に意識的に吉方位に引っ越したり、家を選んだりした場合はその傾向が顕著です。

運が良くなることはプラスですので、これはこれで望む所です。

ただ、何かを望んでいる場合にそれだけでは足りないのは、運気アップが目的になってしまい望んでいる事を叶えるための行動に繋がっていないことがあるからです。

10倍の行動力は目的に向かってまっしぐら、目的を達成するために必要なことを一つずつ形にしていく原動力です。

運気アップは「運を良くする」ために必要なことですが、望みを叶えるための方向付けがされているかどうかで未来が変わります。

望みを叶えるための方向付けとなるのが、望みを叶えるための直接的な行動になります。

運も上げ、望みを叶えるために全力を尽くしてもダメなことがあります。

それでも目的に向かって突き進むことが無ければ、叶うモノも叶わないのが実際です。

物事は出来るだけシンプルにした方がコントロールしやすくなります。

運を良くする事も有益ですが、まずは目的を明確にしまっすぐ向かう事です。

貯金と同じで、邪魔する理由はいくらでも出てきます。

願いを叶える望みを現実化するのは、貯金と同じほどに厄介なのかもしれません。(ダイエットに例えても良いかもしれません)

だから優先順位をはっきりさせ、望むことを明確にしていく作業が必要になります。

今のままでどうにか出来るなら、もうちゃんとそうなっています。

もし、ちゃんとなっていなかったら、見直してみてください。

目的がずれていないか、行動は直結しているかです。

目的を明確にし行動も直結しているなら、運気を上げることで機会が増え叶いやすくなります。

原因の種をまいていけば、結果が付いてくるのも必然です。

いつでもどんな状況からでも始められる第一歩です。

軌道に乗るまでは大変な時もありますが、慣れてくれば普通になってくるのですからやってみる価値は十分にあります。

いつも読んでくださってありがとうございます。

この後もあなたの時間が穏やかで幸せなものとなりますように♪

1
タイトルとURLをコピーしました