運気アップも願いを叶える行動の一つ

私は「願いや望みがあるから運気アップをしたいのだ」と思っています。

ご相談を受ける時も「この人の願っていること、望んでいることは何だろうか」と考えています。

まれに相談されていることと、本当に望んでいることがズレている事があるからです。

占いは「願いを叶えるために何が必要かを教えてくれるもの」だと思っています。

占えば願いが叶うと思う人はあまりいないと思います

占いをどれだけ受けようとも、願いを叶えるには、結局、自分で何とかしないとダメだよね、と行き着くと思います。

見えている部分だけで判断すると「あの人はうまく行ってるな~」と思えても、実際には人それぞれです。

願いを叶えるには、願いを叶えるために何をすれば良いかを知り、取り組んで行くのが最短です。

そのための手法を教えてくれる手段の一つが占いです。

「凶方位に引っ越しをしそうだけどどうすれば良いだろうか?」というご相談の中にも、望んでいる何かがあります。

望んでいる内容によっては、凶方位の心配そのものは関係無いこともあります。

願う中で常識が出てくるとしんどい

願いの本質を理解するために、いつでも「大切なのは何かな」と考えることが役立ってくれます。

運気アップの手法は世の中にたくさんありますが、運気アップを目的にしていると迷走し始めます。

運気を意識しすぎることで、起きてることを強引に何かに関連づけようとしたり、日々の生活が見栄の塊になったりすることがあります。

運気を上げていれば「人生が幸せになるはずだ」というのも、思い込みから来るデメリットです。

運気アップは上げた運を使うための開運行動の一つ

運気アップは目的になりません。

家族団らんのために運気アップを願うなら、家族団らんのために(運気アップ以外で)何をしているのかが重要です。

楽しく食事をするようにしている、などが「何を」の部分に当たります。

仕事をうまくいかせるために運気アップをしたいなら、仕事をうまくいかせるために何をしているかが大事です。

願いを叶えたいときに、願いを叶えるために必要なことをするかしないか、ただそれだけが大事だったりします。

私が占うときも、願いは何か、そのために何をしているかを明確にし、必要な手順を明らかにすることが多いです。

何かを望むときに運気を上げるアプローチは理にかなっています

望んでいる事に対して必要なことをやりながら、合わせて運気を上げていくのは理にかなったやり方です。

後は、上げた運気をどうやって願っている事に繋げていくかが、開運の秘訣になります。

開運への繋げ方は、上でお話をしているように「願っている事に対して何が出来る?」という思考で見えてきます。

シンプルな願いならこのやり方で大体明らかになってきますが、複雑な状況にある人は一つずつ紐解いていく必要があります。

でも、共通することは願いを叶えるには、願いを叶えるために何をやっているかです。

ここがぶれなければ、今必要な事も分かりますし、これから先どうしたら良いかもハッキリしていきます。

タイトルとURLをコピーしました