運・運気の良い悪いよりも、幸せかどうかを大事にする方がうまくいく

占いの世界

占いをする私が「運・運気」より、幸せを大事にした方が良いって言うとおかしな感じがします?

いや、そうでもないかな。

私はいつでも「現実が良ければなんでもOK」って言ってる方ですし。

もちろん運・運気が良い方が、悪いよりは良いです。

わけも分からず、なんかイマイチだな~っていうときは、もしかしたら運・運気が悪くなっているかも知れません。

こういう時に「よし!運を良くしよう!」となるか、「他に出来ることはないだろうか」と現実と向き合うかです。

どちらか一方に偏りきる人は少ないので、意識次第です。

うまくいくように修正出来る人は、本質的に自分が何を望んでいるかを理解していたり、感じ取っていたりすることが多いです。

運・運気が良い方が良いけれど、「幸せであることを望む」が本質です。

「幸せ」は人それぞれ違います。

すぐ感じ取れる幸せもあれば、時間の掛かる幸せもあります。

「幸せである」とは「幸せを感じる」ことですので、完全に主観です。

大抵の人は自分なりの「良いな」「嫌だな」という感覚を持っています。

ここを突き詰めていくことが自分なりの「幸せを感じる」行動に繋がり、「幸せである」に向かって行きます。

運・運気はこの「幸せを感じる」ために追い風を吹かせてくれる効果が高いです。

でも、絶対に無ければならないものか?というと、どうでしょう。

あった方が良いけれど、一番じゃないことが何となく伝われば良いのですが。

「現実を優先した方が幸せを感じやすい」というのも、これが理由です。

運・運気は現実に変化を促す要素ですが、一手間掛かっている分、遠回りしています。

ここに気がつくと、今必要なことは「運・運気アップ」よりも「自分が幸せを感じること」と分かってきます。

そのためには「良いな♪」と感じる事を増やしていくことですし、「いやだな」と感じる事を減らしていくことです。

すぐには難しい場合もありますが、意識する事で徐々に変わっていきます。

ここからスタートした後、並行して運・運気を良くしていくというのは、追い風を吹かせることに繋がるので効果的です。

逆をやってしまう人が多いですが、まずは「現実から」をキーワードにしておくと迷いにくくなります。

何から手を付けたら良いか分からないという場合は占いの出番ですが、分かっていることから手を付けていき、分からなくなったら相談してみるというのも有りです。

運よりも幸せ

私の中ではこれが本質だよな~って思ってます。

実は「幸せ」である人は自然と良い運を引っ張ってくるのです。

結果的に「幸せ」であることは「運を良くする」ことにも繋がるので一石二鳥だったりします。

「幸せ」であることの方がうまくいきやすい、何となく分かる話です。

2
タイトルとURLをコピーしました