誰かの代わりに占ってもらう⇒伝える⇒止めた方が良い

運気をあげる方法

「子供の代わりに、親の代わりに占って貰いたいのですが・・・」というご相談があります。

本人に代わって占って貰おうとする気持ちは、優しさであり、何か出来ないかという献身でもあります。

占い師にもよると思いますが、私は「本人以外が占いを受けるのは、誰も幸せにならないかもな~」って思っています。

あ、本人に伝えないのであれば問題ありません。

あくまで本人の代わりに占いを受けて、その結果をもとに本人に伝えるパターンです。

この流れはあとで本当に大きな問題になりやすいです。

「占い師さんに相談したら〇〇って言われたから・・・」と引っ越しの方位と時期を押しつける人がいます。

「押しつける」って強い言葉ですが、いくつも耳にする内容です。

そして、押しつけられた側は強いストレスを感じていてうんざりしています。(相談者自身からよく聞きます)

占いは幸せを運んでくれるはずなのに、これでは本末転倒です。

「良かれと思って」と分かっているだけに、勿体ないのです。

占いを巡るトラブルは様々有りますが、心情が影響する部分も多いため、出来るなら占いと関わらない方が良いです。

私にとって占いは商売ですので、「占いと関わらないで!」ってお話するのは自分の首を締めるだけですが、それほど多くのかたが占いでしんどい想いをされています。

現状を良くしたい想いで占い師に相談するなら「本人限定」、それ以外は思わぬ影響を引き起こし、数十年に渡っての厄介を育ててしまう可能性があります。

本人が相談しても迷走しやすいのが占いの世界です。

本人以外が相談して良い感じになるのは難しいです。

良かれと思っての行動だからこそ、様子を見るだけにして本人に任せた方が良い事もあります。

占いとは、是非とも距離を置いてください。

占いをやる私が言うのですから・・・良いのかな(笑)

いつも読んでくださってありがとうございます。

あなたの不安が少しでも軽くなりますよう願っております。

3
タイトルとURLをコピーしました