自分で占いを調べている人にお勧めの占い師さん

当たる占い師との出会い方

引っ越しの方位関連で相談される時に「自分で調べてみたら凶方位だったみたいで・・・」というケースは多いです。

占って貰ったら「凶方位で引っ越したらダメ」と言われてどうしたら良いか分からなくなって・・・というのもあります。

占いの厄介なところは、同じ基準なら同じ答えが出ますが、違う基準なら違う答えが出る可能性が高まることです。(参考:「方位鑑定の基準は占い師で違いがあるので注意したいこと」)

独学で占いを「学んでいる人」なら、学びのために使っている教材を出している占い師さんに相談するのが一番効果的です。

では、独学で占いを学んでいるわけではないけれど、自分で調べている人の場合はどうしたら良いかです?

自分で調べるというのを「気になった事を調べている」というイメージだとして、「気になる根拠となる情報を出している人」を軸にすると良いです。

気になる根拠となる情報が、本なのかネットなのか、人から聞いたのかに関わらず、「何かで気になった」はずです。

自分で調べて分からなくなった人は、「参考にした情報(基準)の発信者(またはその系列)」に相談してみると良いです。

ここで「良さそうな占い師」に相談すると余計に不安が強くなることがあります。

良さそうな占い師さんに相談しても、その人の占いの基準と気になっている情報の基準では違う可能性があります。

同じように「気学」とうたっていても、基準が違う事があるからです。

いろいろと相談して訳が分からなくなった場合は、良さそうな占い師に相談するのも一つの手ですが、いろいろと調べて不安になった場合は、不安を感じる(正しいかどうか迷う)情報を発信している人(またはその系統)に相談するほうが安心度が違います。

占いは当たるかどうかが本来の目的であり欲求なのですが、「気になった事に対する答え」が必要になるケースもまあまああります。

たとえば「今年は天中殺ですけど大丈夫でしょうか?」と不安になっている人に対して、「私は天中殺(算命学)は考慮しないので、気にしなくて大丈夫」と言われても安心出来ませんし、本当?ってなると思います。

占いの本来の姿が「当たるかどうか」であるならば、天中殺かどうかはあまり重要では無く、ダメなモノは他の占いでもダメって出るものです。

でも気になっている事に対して答えを求めている場合は、気になっている事そのものの答えが必要になります。

これを抜きにして占っても不安は解消されず、他の占い師に相談してハシゴをすることになりかねません。

だからこそ自分で調べる中で占い師に相談したくなったら、誰でも良いわけではなく「気になったきっかけとなる情報を発信している占い師に相談する」ことです。

気になった事に対する答えを手に入れて、それでも他の情報が必要となれば他の占い師に相談するステップに入りますが、気になった事以外の答えを手に入れても不安が残るだけです。

占いは心に関わるジャンルだけに、出来れば「自分が何を求めているか」を整理して相談したほうが安心出来ます。

いつも読んでくださってありがとうございます。

この後もあなたの時間が穏やかで幸せなモノとなりますように♪

2
タイトルとURLをコピーしました