結婚運や結婚出来るかどうか、占いではどう見ている?なぜ当たるのか?

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

結婚運を見て欲しい、結婚出来るかどうか結婚の時期を占って欲しい、というご相談は占いの鉄板の一つです。

私が結婚関連のご相談を受けたときは、結婚運や結婚出来るかどうかも占いますが、まずは「結婚に何を求めているか?」をハッキリさせるところからスタートします。

結婚をしたい理由は人それぞれですが、この理由がその人の運命に合っているかどうかで結婚の可能性が変わってきますし、相手選び自体も変わります。(この場合の運命とは、占いが示すモノです)

ここで出てきた「結婚の可能性」が占いの範囲です。

占う時に出てくる結婚運や結婚の時期は、その人の運命の動きを占いのルールの中で見ていくモノです。

結婚運が高まる時期や結婚の時期が「結婚する」に的中することについて、不思議と当たるときは当たる感じです(当たり前か(笑))。

これは結婚をしている人の過去の経緯を見ると、占いの示すタイミングに結婚をされているケースが目に付くことから、可能性が高いと見ています。

大体1年の範囲かその前後1,2年ぐらいです。

残念ながら、全ての人が当たるわけではないので、可能性の一つ程度です。

これが結婚や出会いを占う実際のところです。

それなら意味が無いと思うか、目安を参考にしてチャンスを増やすかです。

結婚を占っていくと全ての人に「機会」があることは分かっていますが、「結婚っていろいろと噛み合わないと難しいな~」というのが本音です。

結婚運が高まったり、結婚の時期に入ると、確かに出会いが増えたりするのですが、好みの人でなかったり、条件に合わなかったり、他に気持ちが向いたりで、結婚を望んでいる割に「結婚そのもの」を望んでいるわけじゃ無いことが分かったりもします。

結婚をしている人は、それが望んだ結婚かそうじゃないかは別にして、結婚運が高い時期、結婚をしやすい時期に結婚をしているケースは過去を分析していくと目に付きます。

自然に吉方位に引っ越しをする人と意識して吉方位に引っ越しする人では違いがあることを「意識して吉方位に引っ越しをするのと、自然に吉方位に引っ越しをするのでは、未来が違う」でお話しました。

無意識に吉を選ぶ人は既に目に見える部分・見えない部分の準備が整っている状態、意識して吉を選ぶ人はこれからそれぞれの準備を整えていく状態という話です。

おおよそ「結婚に至る時」は大変だったり忙しかったりすることが多く、「今は難しい」と判断しやすい時期でもあります。

思い切って結婚を選択した人は後になって「この時期に結婚しやすかった」と分かったりするので、この時が運命の分かれ目になります。

意識して結婚運を活かそうとする時は、結婚運が高まる前(きっかけに巡り会う前)までの準備が如何に重要かが分かってきます。

それでも希望の人を見つけられるか、そういう人と結婚出来るかは分からないですが、機会を作りチャンスを増やすことで可能性を高めていくのが、願いを叶えるアクションになります。

「結婚出来ますか?」は鬼門の質問です。

求めているのは「結婚」ではなく、幸せな生活だと思っています。

そのために必要な準備を進めながら出会いの機会をつかんでいくのが、大人の占いの活用方法です。

2
タイトルとURLをコピーしました