満月にしっかり当たれば、開運のきっかけになるってもの

何かのヒントになる?

昨日は疲れすぎて綺麗なはずの中秋の名月を見れなかった~(>_<。)

昨日の19時前に満月となりました。(満月の願い事の書き方・叶え方(9月10日は中秋の名月・ハーベストムーン、次は10月10日)

満月からかどうか分かりませんが、昨日はお腹いっぱい忙しかったです(笑)。

ついでに一日中眠くて眠くて。

それなのにそこそこ遅くまで起きてたわりに、満月を眺めるのを忘れてました。

スピリチュアル的には満月にめっちゃ盛り盛りの意味合いを載せていることがあります。

フルパワーで全力開運って感じです。

それでテンションマックスになって道を開いていけるなら、それもありです。

私はそういうのが苦手なのと、意味がよく分からない部分もあるので、もう少し普通の意味合いとタイミングで使ってます。

満月の仕組みは地球を軸に太陽と月が地球を引っ張り合います。

新月の仕組みは地球を太陽と月が一緒に引っ張るものです

「私」という存在を両方から引っ張るのが満月で、一方から引っ張るのが新月です。

結果として、「私」という存在に普段とは違った影響があるのがこれらの時期です。

でも、そういうのを無しにしても、大きな月を見ると心が奪われます。

そこに理屈はなく、「あぁ、すごい」って畏怖と感動が混在しつつ、気持ちが満たされます。

それが結果的に心をあるべき形にしてくれます。

綺麗なものを見た時に身体は緊張を緩めます。

幸せを感じたときも同様です。

それは無意識の感動でも同じです。

緊張が緩むと必要なことに気がつきやすくなり、決心や行動のきっかけになることもあります。

それらはあなたにとってきっと必要なことです。

開運や幸運は何か大きなことをやってこそと思うこともありますが、実際は小さい事を積み重ねていくと、知らない間に「気がついたら良くなってた」というほうが効率が良いです。

きれいに満月が見える天気に恵まれたら、しばらく眺める時間を持っても良いぐらいの価値はそこにあります。

新月のタイミングでは(視覚的に見えないから)味わえない、月に一度の浄化タイムみたいなものです。

満月そのものは昨日でしたが、多少1日2日過ぎたって大丈夫です。

お月さんがきれいに見える時は、少し時間をとって眺めてみてください。

それが、そういう風に出来る時が、あなたにとって必要な時間であったり、必要なアクションの一つだったりする事もありますので。

いつも読んでくださってありがとうございます。

1
タイトルとURLをコピーしました