意識して吉方位に引っ越しをするのと、自然に吉方位に引っ越しをするのでは、未来が違う

九星気学・方位学の吉方位

凶方位の引っ越しを避け、吉方位に引っ越しをしたいと思うモノですが、意識して吉方位に引っ越すよりも、気がついたら吉方位に引っ越しをしたときの方が良いことが起きやすいです。

これは意識しなくても良い運の流れに乗っているため、結果的に良いことが起きやすい選択を選ぶのだろうと思います。

では、意識して吉方位に引っ越しをしようとするのは意味が無いのか?と言いますと、良い運気の流れに乗ろうとすることに意味があると考えます。

言ってみれば「運気アップ」です。

ただし、運気が上がったからと言って何か変化が起きるわけではないので、ここを勘違いしやすいです。

じゃあ、運気が上がることに意味が無いのか?と言いますと、運気が上がった状態で「あなたが何を意識し行動にうつすか」で未来が変わっていきます。

現状も含めて、運気が良い状態で起こす事・起きている事と、運気が悪い状態で起こす事・起きている事では、生きやすさや幸福度が違いが出てきます。

もちろん、運気が悪い状態で起こす事・起きている事が、全てにおいて「悪い」に直結するわけではありません。

何も無くうまくスルー出来ることもあれば、労力を伴って苦労という形で現実化する場合もあります。

たとえ苦労であったとしても、そこを乗り越えて行くことで、次のステージが気楽に過ごせるメリットがありますが、それはまたいつか。

運気が上がった状態で「あなたが何を意識し、行動にうつすのか?」について最初に来るのは、「自分を意識する」です。

運気が上がった状態ということは、人生に追い風が吹いている状態ともいえ、それは「自分に必要な道へと導かれる可能性が高まっている状態」でもあります。

「運気が上がったからと言って何か変化があるわけじゃない」とは言いましたが、実際には小さな予兆やきっかけが出ていることが多いです。

これをつかむためには、「これらがきっかけかも」と意識する必要があります。

どれがきっかけになるか分からないので、全部つかむようにします。

吉方位に引っ越して今まで通りだと、この「きっかけ」をつかめないです。

自然に吉方位に引っ越している人は、これまで通りの判断と行動で勝手にきっかけをつかんでいくことを考えると、違いが分かります。

意識して吉方位に引っ越している人は、意識してきっかけを見つけるか作り出すかして、自分で自分を追い風の中に引っ張っていく必要があります。

その過程でいろいろな良い事や嫌な事が起きていくと思いますが、過ぎ去ってみれば「あれで良かった」となりやすいのが吉方位への引っ越しです。(まあ、凶方位でも同じように乗り切っちゃう人もいますけど(笑))

実は吉方位の引っ越しであっても、凶方位の引っ越しであっても、やることはほぼ同じです。

引っ越し前からいろいろと気をつけて、何かあったら迅速に対処しつつ、きっかけを逃さないようにしていきます。

この過程が、吉方位は凶方位の場合より穏やかでスムーズの可能性が高い、というのが九星気学です。

凶方位だから不運や不幸になるというのは言い過ぎで、吉方位だってリスクはありますし、凶方位と似たような状況になることもあります。

それでも見えない部分の大元が吉なのか凶なのかで意識し行動する範囲も変わってくるので、気になる人は占いを参考にするのは「有り」という話になります。

最後にもう一つ、吉方位に引っ越しても意識しなければ何も変わらないなら、「凶方位に引っ越しても何も変わらないのでは?」と気がつく人もいると思います。

「凶方位」に意識して行く人はまずいませんので、凶方位に引っ越す人は「自然」に選んでいます。

上でお話をしているように自然に吉方位を選んでいる場合は、自然に自分に良いように物事を選択していきますって言いました。

凶方位も同様であり、それが答えです。

意識的か自然か、それによってやることが変わってくる、ということを知っているだけでも違ってきます。

1
タイトルとURLをコピーしました