想いに合った占い師を選ぶために必要な「何を知りたいか」

当たる占い師との出会い方

占い師に相談をしたい時は、「占いを受けたい時」です。

どういう理屈か分からないけれど、未知の力で自分の必要としている答えを引き出してくれるのが占い師、そんなイメージです。

ちょっと手相でも見て貰おうかな・・・という場合は、「手相で何がわかるんだろう~~」的な感じです。

恋人出来るかな・・・、結婚出来るかな・・・というのも、自分には分からない可能性を教えて貰えることに期待しています。

こういうのが「占い」のイメージだと思いますし、そういう占いもたくさんあります。

その一方で「占い」に、悩みの解決の可能性を求めている場合があります。

恋人出来るかな、結婚出来るかなも悩みと言えますし、占いの結果は悩みの解決の一つに繋がります。

これは「どうなる?」という運命に対する問いかけです。

一方で「どうしたら良いか?」という運命を動かすための問いかけがあります。

運命に対する問いかけと、運命を動かすための問いかけには違いがあります。

前者はこのまま進んでいったらどうなるか?の答えであり、後者は望む運命に近づけるためにどうしたら良いか?の答えになります。

運命に対する問いかけは占いが得意とするジャンルですが、当たり外れも大きくなります。

運命は常に変化していて、「今」この瞬間の占いの結果も数日後には状況が変わり、違う結果になる可能性もあるからです。

だから「当てにならない」と言えばそうかも知れませんが、それでも知っておきたいという場面もあります。

後者も運命は作用しているわけですが、自分から運命にアプローチすることで未来に影響を与えるため、叶うモノは叶いやすくなりますし、そうじゃないものは早い段階で難しいことが分かっていきます。

こちらも占いが得意とするジャンルですが、一般的にはカウンセリングなどで明らかに出来るジャンルでもあります。

信頼出来るカウンセラーがいるなら、そちらに相談されるのも良いと私は思っています。

運命に対して積極的に関わっていく場合、自分から動く必要があるので「それが必要」という理解がないとうまくいきません。

そのために必要な信頼をカウンセラーにもてるなら、その方が効果が高いです。

では私のような占い師はどうやって信頼を得るか?なのですが、相談内容を掘り下げていく中で必要な答えを引き出していく手法を使います。(だから人生相談のように幅広い相談になっていきます)

占い師がやっているのはカウンセリングでは無く、占いです。(当たり前)

相談者の状態を占いに当てはめていくことで、必要な答えが出てきます。

その答えを相談者の状態にすり合わせをして伝えていきます。

相談者に必要な答えなので、相談者の理解が及べば、どうしたら良いかがはっきりします。

これは占い師側も「この人には本質的に何が必要か」を明確に理解出来ていないと無理な手法です。

情報量は占いの方が圧倒的に多くなるので、ある程度まで占っていくとそこから先は相談者の迷いや不安、今後の事について先取りして答えを提示出来るようになっていきます。

カウンセリングではそういう世界ではありませんし、カウンセリングにそれを求める意味もありません。

運命を動かすために必要なことは、今のままではいないことで、そのために必要な占いの使い方があります。

運命を知るための占いは、今のままでいた場合の未来の可能性を教えてくれます。

この二つの占いの方向性はアプローチが違うので、占い師によって得手不得手があります。

どっちが良いかは相談者が求めている事によって違います。

どうなるかな~?って思っている人は運命を知る占いが良いですし、どうしたら良いかな~?って思っている人は運命にアプローチをする占いの方が良いです。

何も考えないで占いを受けてしまう・・・というのは、私の所に相談される人にはあまり無いと思いますが(料金が高いので、十分に吟味されるから)、思いつきで占いを受けようかどうしようかと思ったときは、「自分は何を求めているのだろう」ぐらいは考えた方が良いです。

占いは受けてしまうと多かれ少なかれ人生に影響を与えてきます。

「気にしない」と思っていても、そういえば・・・となるような人が占いを受けるからです。

直感よりも、未来のためにも立ち止まって、少し考えてみるのがお勧めです。

1
タイトルとURLをコピーしました