引越しが凶方位に気がついたら、振り返りのタイミング

九星気学・方位学の凶方位

毎日暑い日が続いています。

状況によっては「無理をしない」が一つの目安になります。

占いも同じです。

占いでいくら良い感じに出ていても、現実がきつい感じがする時は無理に行動を起こす・決断をする時期ではありません。

占いで良い感じで出ているのですから「良いタイミング」と言えますが、現実がダメなら様子見のほうが良いです。

後になって「あの時にやっておけば」と思うようなことがあったとしても、それはリスクと引き替えにした結果でしかなく、お勧めではありません。

一方で、占いが悪い感じに出ている時であっても、現実が良い感じになっているなら、思い切って決断をしてみても良いです。

タイトルにもあるように、例えば引越しが凶方位になる時・なった時に、「凶方位を何とか出来ないだろうか」とまずは考える事が多いです。

それよりも「現状はどうだろうか」と見直すタイミングとして使うと効果的ですよっていうのが、今回のお話です。

占いで良い・悪いというのは、一定のルールに基づいて答えを出しています。

それは「ルール」が軸になっているのであって、相談者の個別に特化したオリジナルの答えではありません。

個別に特化したオリジナルの答えに占いを近づけるには、占いで出てきた答えと相談者の現実のすり合わせが必要です。

この時に引越しをする人はもちろんですが、家族や身の周りの人の現状もチェックしておきます。

凶方位の引越しを難しく考える必要は無く、単純に「運気が低下する可能性を暗示しているもの」と思って良いです。

運気の低下は何かが弱り始めていることの可能性なので、自分と周りの現状を確認することで状況がはっきりします。

この時のチェックだけでは将来的に起こることまでは予測出来ませんが、この時に周辺を再確認しておくことで、未然に不測の事態を防ぐことが出来る場合もあります。

凶方位の影響が怖い!と思ってしまうかもしれませんが、実際には起きるかどうかも分からない未来への不安を感じている状態です。

占いの伝えてくる見えない部分での悪影響というのはあるかもしれませんが、それは引越しだけでどうのこうのという話でもありません。

でも、これをきっかけに現実の不具合や問題に気がつくことが出来れば、状況の変化に対応しやすくなりますし、心づもりを持つことも出来ます。

「可能性があるかも」と考えていれば、何かあっても対処は早いです。

占いは精神論や根性論ではなく、目の前の事象に対して目安を与えてくれるものですので、「凶方位の引っ越しだからどうしよう」と悩むよりも、問題点の洗い出しと備えを進めて行けば、大抵のことは大丈夫な事が分かっています。

「どうなるか不安」と感じながらでも対処を進めて行けば意外と何とかなりますので、安心して現状の把握に努めてみてください。

いつも読んでくださってありがとうございます。

2
タイトルとURLをコピーしました