問題が起きるのは引っ越しが悪かったから?

九星気学・方位学の凶方位

良い方位・時期に引っ越しても悪い時期・方位に引っ越しても、起きる問題は起きるし起きない問題は起きないと私は思っています。

引っ越しは運命の転換に繋がるほどの影響を持つので、その引っ越しが良くても悪くても「物事がはっきりしていくので、問題が顕在化しやすい」といえます。

「変化」は現状に大きな振動を与えるので、見えていなかった物事や気がついていなかった物事が表に出てきやすいです。

本当はこの機会を使って、問題が起きたり起きそうなことを洗い出して、対処をしていくと後が楽です。

この時に「問題を見ない」ようにしたら、後が大変になります。

結婚に似ていて、結婚したら何とかなるだろうと思って我慢していたら、もっとひどくなったってやつです。(やっぱり変わらなかったというのも多いです)

占いを受ける受けないに関係無く、こういった動きが引っ越しに付いて回ります。

では、占いは何をしてくれるかというと、これらの起こりうる何かに対して、吉方位は出来るだけ良い形で、凶方位は出来るだけ悪い形で、未来を迎えさせるような影響を持つので何とかした方が良いよね、と考えるわけです。

これがあるので出来るだけ良いタイミングで引っ越したほうが良いとなるのですが、矛盾しますが引っ越しのタイミングだけで判断してはいけない、とお伝えしています。

要な引っ越しなら十分に注意し、避けられる問題は避け、対処出来るモノは対処し、未来に備える事が出来るなら、難があったとしても無難になる可能性が高まります

無理をして引っ越しを動かすことでごちゃごちゃしてしまうと問題を起きやすくし、「何のために占いをうけたのだろう・・・」ってなるかもしれません(ならないかもしれません)。

結局、どうしたら良いのか?ってなりますが、「バランス」かなと思っています。

出来るだけ良い形にしたいという想いを持つときは、冷静に現状を見たとき無理をしないで済んでいるか、不安要素に向き合い対処をしているかなど、自己分析をしていきます。

完璧な準備は無理ですが、これぐらい出来れば御の字ぐらいまで近づけられれば、後々何かあっても対処がしやすいですし、切り抜けていけます。

引っ越したから問題が起きるというよりも、問題が起きる要素があったと考えたほうが自然な気がします。

その準備が出来ていれば何とか出来ますし、準備が出来ていないと後追いで大変になったりする感じです。

2
タイトルとURLをコピーしました