同じ生年月日なら同じ運命?

運勢・運命を占いで使いこなして開運

「厄年だから問題が多いわけではない」のお話に関連するのですが、こういった「同じ条件なら同じ答え」というのは、占いあるあるです。

血液型占いなどは、これの極みです。

でも、実際には違っていることを誰もが感じていると思います(近いけど遠い?みたいな)。

有名人と生年月日が同じなのに、何で私は有名じゃ無いの?とか。

今の日本だと1日大体2300人ぐらい生まれているので、1時間で95人です。

同じ年月日だけでなく、同じ時間・分まで同じで生まれる人が一定数以上いることが分かります。

これは日本だけなので、世界で見れば桁が変わりますが、この段階で既に「同じ生年月日且つ同じ時間・分」に生まれても同じ運命では無いことが分かってきますし、運命には「環境」の要素が大きく影響していることが分かります。

環境の要素が大きく影響しているはずですが、双子で生まれて、同じ環境なのに、違うように成長していきます。

少し乱暴な考え方ですが、これが「自我」です。

双子であって、考えや思考の仕方が似ていても、環境が同じでも、一人の決断・行動が違う運命を作っていきます。

同じような環境下にあっても、同じような影響を受けるわけでは無いという話です。

周りの影響、自分の思考・行動、これらに不確定要素が幾つか重なって、運命が決まっていきます。

お話ししたいのは

運命が決まっている部分も多いかもしれないけれど、運命を変える要素がゼロでは無いことも分かる、という話です。

そして、これは常に「今」からスタート出来る対処法でもあります。

環境の力も自分の思考・行動も一朝一夕で成り立つわけでは無いので、何かを変えようと思えば相応の力が必要になります。

でも、その根底には「変えよう」と思うなら変わっていくよって気づきがあります。

ここで生年月日が教えてくれること、なんだったら血液型占いでも良いです(笑)。

自分にとって変えやすいやり方に合わせた方が、やりやすいという話です。

O型ならおおざっぱな部分がどこかにあるよね?それならそういう部分を大事にしてね?いたいな感じです。

うまくいっている人は、自分にやりやすいやり方をやり続けている傾向にあります。

やりやすいには環境もありますし、状況もあります。

同じ生年月日で同じ時間なら傾向として同じような結果が占いでは出てきますが、結果の見方については置かれている環境・状況・意識で違ってきます。

その積み重ねによって運命が少しずつ変化していくことを考えると、同じ生年月日であってもどこに居て、何を選び、どうしていくかで運命が激変することが分かります。

この世の中の仕組みを活かすかスルーするかです。

このブログをご覧になる人は、現状よりもより良い未来を作りたいと思う傾向があるので、今出来ることに意識を向けてみてください。

5年後は随分と違う未来になっているかもです。

2
タイトルとURLをコピーしました