吉方位で家を探す方が良い?たくさん家を探す方が良い?

九星気学・方位学の方位の効果・影響

「ものごとを始めるタイミング」をどうするかです。

良いタイミングで始めると物事がとんとんと進みやすくなります。

悪いタイミングで始めると、同じことなのに手間と時間が掛かって大変です。

それはその通りなのですが、私のところに相談された場合は「今すぐいろいろと探して!」と言います。

しかも、方位は気にしなくて良いので、自分の条件に合ったモノを優先して探してください、と伝えることも多いです。

タイミングの合わせ方はいくつもあると思いますが、私の手法は「数を打つ」ことで自分の波長を拡げていくところにあります。

いろいろと家を探していると、ひょんなところから情報が入ってきたり、紹介をされたりします。

そのほとんどは条件に合わないですが、「これもありかも」と視野を広げるきっかけになったり、それこそ「これで良い」となることもあります。

「波長」なんていうと怪しげですが、「あの人が探している」というのを周りに知って貰うために、たくさん探して、様々な人と関わりを増やします。

探している間にタイミングも巡ってきて「これ出てきたよ?」みたいに見つかることもあります。

探している間にこだわりが変わってきて、○○が大丈夫だったら後は良いや!となることもあります。

これもタイミングの待ち方になります。

何もせずに待つか、望んだ事をやりながら待つかの違いです。

「それでも凶方位に家が見つかるのはダメなのでは?」と感じる人もいます。

実生活で大事なのは「条件に合う家」がまずきます。

次に方位は悪くても「他に良いところがあるかどうか」です。

方位は良くても「他に悪いところがあるケース」も多いです。

結局、総合的に見てプラスが多い方を選択するところに落ち着いていきますし、その方が幸福感が高いです。

占いを受ける理由は「幸福でありたい」ためです。(そうですよね?違うかな)

プラス面が多いほど幸福を感じやすいと見ていますので、家を探すなら出来るだけたくさん見ていくことです。

その結果見つかった家であれば、それだけで御の字です。

占いの吉や凶は、吉だったらうれしいね、凶だったらまずそうなところを気をつけましょう。

それぐらいの感覚の方が、良い落としどころが見つかりやすくなり、結果的に楽しい生活に繋がっていきます。

0
タイトルとURLをコピーしました