厄年だから問題が多いわけではない

運勢・運命を占いで使いこなして開運

厄年などを理由に「うまくいかないこと」を納得しようとする事があるかもしれません。

厄年とか天中殺とかは、いわゆる「運勢」なので、同じ年回りの人は「全員がうまくいかない」ことになります。

実際には「全員」がうまくいかない感じでもありません。

これが大まかな「運勢」を出す場合の限界です。

うまくいく・いかないは人それぞれなので、「個別」に見たときにどうなのか?が重要になったりします。

年回りの運勢では厄年とか天中殺とかです。

でも、全員がうまくいかないのでないなら、個別の違いがあるはずです。

人によっては年回りは悪いように見えるけど意外に大丈夫な年回りだったりします。

もう一つ重要な事として、実際に悪い年回りだけど、悪い現実じゃ無い場合もあることです。

もともと厄年などの年回りは「決算期」を現しています。

ここに至るまで「どのように生きてきたか」を決算として現実化させるための年回りです。

「厄年だったけど大丈夫だったよ」みたいなのは、この辺にも理由があるのかもしれません。

厄年をうまく過ごすなら、厄年に結果が出るような感じで暮らしていくと良いことが分かります(気になる場合)。

厄年などに大きな事をしない方が良いと言われる理由の一つは、この年付近にいろいろと重なりやすいからです。

それらが負担となり、問題を引き起こしやすくなります。

何も意図していなければ、重なる時は様々なものが重なります。

来年は厄年でどうしようと思っている状況なら、今のうちから「予定の前倒し」として見込まれる予定の洗い出しをしておきます。

これによって問題も想定しやすくなるので、対処の準備を進めます。

これだけで厄年の過ごし方が相当変わってきます。

忙しくなりやすい年回りですので、準備をしていても大変になるかもしれませんが、準備をしていなかったら「・・・厄年だからしょうがない」みたいになっちゃうかもです。

厄年に何か起きても対処をしやすくしておけば、無難な年で済みますし、引っ越しても問題ありません。(無理に引っ越すのはダメですけど)

4
タイトルとURLをコピーしました