占いの結果が分かったら、もう一歩踏み込むことで人生が変わるかも

何かのヒントになる?

新宿が微妙に暑い~(わざわざ新宿って言ってるのは、東京も意外に広く西の方の山間部に行くと気温が下がるから)

この温度差は結構身体に来ると思います。

からっとした感じじゃないので、「暑い」とわき上がるように感じるし。

暑さと涼しさに身体が反応しようとして負担が大きく自然と緊張しちゃうので、ストレッチなどで身体を動かしたり緩めたり意識しているところです。

占いは結果を見てからが本番

さて本題ですが「占いは受けっぱなし」がそこそこあるような気がします。

占いの受け方も無料・有料からネットや本、テレビって様々です。

「〇〇出来ますか?」「○○はどうなりますか?」と相談した時、あるいはそういったことを気にかけながら何かの占いを見たとき、何らかの結果が提示されます。

この時に気にせずスルーするのも一つです。

スルー出来るだけ重要度が低いので大丈夫です。

スルーしているわけじゃないけれど「そうなんだ」と受け止めた後、日常に戻るケースもあります。

占いで大事なことがあります。

「占いの結果の受け止め方と活かし方」まで踏み込めるかどうか

まともな占いの結果であれば、大抵、似たような感じになっていきます。

これは同じ対象(人・もの・事象)を占っているので、占いの種類が異なっても結果が近い感じになるものです。

それは良いとして出てきた占いの結果をどう受け止めるかです。

占い師にもよりますし、時間が許すかどうかもあるのですが、「この占いの結果をあなたの状況に合わせると、〇〇として受け止めると良い」みたいな感じにして貰えると、大分違います。

占いの結果を「いかにして理解し、自分に落とし込むか」が不十分だと、それを活かすのが難しくなります。

占いの結果を受け取るだけでは、情報の理解を自分で行う必要が出てきます。

占いの結果はプロが出しているのに、その解釈を自分でやるのは無理があるのに、です。

このため「占いの結果の受け止め方」、「自分はどうしたら良いか」まで聞いておきたいです。

自分の状況を出来るだけ占い師に伝えておく

これで相談者の状況に合わせて、占いの結果の解釈を教えて貰いやすくなります。

ここまでくれば後はもう一歩踏み込んで「どうすれば良いですか?」と聞くようにします。

この時に「私は〇〇をしたいけれど」と付け加えておくとなお良いです。

占い師は占いの結果がベストと思っている事もありますが、相談者にとってのベストと「いつでも」一致するとは考えていません。

相談者の状況によって選択の仕方が変わってくるからです。

このため自分の希望を伝えつつ、どうしたら良いかと聞くことです。

そうすれば占いの結果に対する自分に合わせた解釈と、その結果をどのように今後に活かしたら良いかの活用法を知ることが出来ます。

どうしたら良いかの見透しが立つと、前向きに動き出すことが出来ます

動き出すと状況に変化が生まれますし、自分に必要なことを分かった上での動き出しなので、理に適っています。

結果的に少しずつ自分の望む方向に向かうわけです。

これが「占いを受ける」「占いの結果を見る」から始まった未来の姿なのですが、占いを受けただけ・見ただけでは足りず、もう一歩踏み込めるかどうかです。

知ろうとしても、質問をしても答えが返ってこないこともあるかもしれませんが、それでもここまですることで、得られる未来があります。

それが占いを受ける価値になります。

「占いの結果を受け取った先に違う未来があるかもしれない」って知っておくだけでもワクワクするかも・・・(笑)

いつも読んでくださってありがとうございます。

1
タイトルとURLをコピーしました